柔道全日本男子のフィジカルトレーナー・岡田隆が、11月17日にテレビ東京系で放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週土曜24:20~)にゲスト出演。選手の潜在能力を極限まで高める究極の“筋肉論”を披露する。

金メダルゼロの惨敗に終わったロンドン五輪の柔道全日本男子。同大会後、井上康生体制へと刷新され、新たな取り組みを始めると、リオ五輪では金メダル2個を含む全階級メダル獲得という快挙を成し遂げた。この中で岡田は、選手たちを鍛え上げ、屈強な外国人選手にも負けない肉体へと変化させるなど、大躍進を影から支えた。

番組では、ボディビルダーとして筋肉の作り方を熟知する岡田が、サッカーファンなら誰もが知るクリスチアーノ・ロナウドの仁王立ちポーズから、その鍛え抜かれた筋肉を分析。プレースタイルを会得するために鍛え抜いた筋肉のヒミツを解き明かしていく。

さらに岡田は、ブレインスカウターの佐藤美希に“正しい筋力トレーニング法”を伝授。岡田の「筋肉と対話する」という言葉に、最初は困惑する佐藤だったが、岡田の指導のもとスクワットと腕立て伏せを実践すると、言葉の意味を徐々に理解。最後には「すごい大事ですね!」と目を輝かせていく。

さらに岡田は「人は筋肉のことを軽く考えすぎ」と言って、なぜ今、全日本男子が改めて“筋力トレーニング”と向き合ったのか、その必要性を解説。また「現代の虎を育てる」というキーワードを挙げ、フィジカルトレーニングの先にある世界との戦い方についても考えていく。

毎年豪華アーティストが出演する『テレビ朝日ドリームフェスティバル』。 2020年は新型コロナウイルスの影響でやむを得ず中止となったため、今回は2年越し10回目という待望の開催に。 そこで、2021年に10周年を迎えるテレ

ページトップへ
Twitter Facebook