古田敦也「最初の2、3歩が速い」陸上部→社会人クラブ経由、“異色の韋駄天”・和田康士朗のすごさ

テレ朝POST

現在、パ・リーグで首位争いを繰り広げる千葉ロッテマリーンズには、次世代を担う若手が数多く存在する。 今シーズン4番にも抜擢された安田尚憲。甲子園での優勝経験をもつ藤原恭大。高校生史上最速163kmをたたき出した佐々木朗希