テレビ東京系にて1月10日(水)21時から放送される『今夜解禁 アスリート運命の1日』にて、横浜高校、西武ライオンズ、ボストン・レッドソックスで活躍した松坂大輔投手に独占密着することがわかった。

去年、ソフトバンクを退団した松坂。かつて日本のエースだった男も、今年で38歳。働き場所を失い、さまよっていた。そんな松坂を、アメリカ・ロサンゼルス近郊でキャッチ。ここ3年で1軍での登板はわずか1試合。しかし、現役続行に強くこだわる松坂は、今月末に彼の野球人生を左右する「運命の1日」、中日の入団テストを受けるため自主トレーニングとリハビリを続けていた。

「また投げられない状況になってしまったら、そこで終わり……」と語る松坂。“平成の怪物”の悲壮な決意、そして進退についても明かす。

番組では他にも、1994年10月8日に行われた“伝説の死闘”の裏側について、長嶋茂雄と落合博満が初告白。さらに、サッカー「ドーハの悲劇」の衝撃事実や、箱根駅伝エリートの壮絶な人生ドラマなど、アスリートの運命を変えた「運命の1日」が公開される。

サッカー界のスタープレイヤーの1人であるメッシ選手。 その彼に「一緒にプレーできて幸せ」と言わしめた、スペインを代表する世界的ストライカー、ダビド・ビジャ選手。2010年南アフリカW杯では、メッシ選手とともにスペインを優勝に導き、得点王にも選出されました。 「日本が大好き」と話すビジャ選手は

ページトップへ
Twitter Facebook