がMCを務める『嵐にしやがれ』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)の2時間スペシャルが、12月19日に放送。メンバーそれぞれの過去を振り返る「嵐メンバー記念館」の最後となる第5弾は、大野智の半生をゲストと共に紐解いていった。

この日の「大野智記念館」には、ドラマ『怪物くん』で共演して以来の付き合いがあるダチョウ倶楽部上島竜兵と、プライベートで親交のあるヒロシ、大野をリスペクトしている後輩の知念侑李Hey!Say!JUMP)と小瀧望ジャニーズWEST)、そして番組ではおなじみの平成ノブシコブシ吉村崇がゲストとして参加。

まずは、塾へ行ったものの先生が待てずに帰宅したり、音楽の授業で廊下に立たされたものの暇だからと帰宅したりと、自由奔放な大野の小中学生時代が語られる。一方、クラスメイトはすでに大野の度量を見抜いていたようで、中学の卒業文集のランキングでは「大物になりそうな人」と「かっこいい人」の両方で1位に選ばれていた。

もともとモテる方ではなく、休み時間も教室にいるタイプだったという大野は「(クラスが)静まった時に思わず屁をこいちゃった。ブリリンみたいな。そしたら、ワーって笑いになって、そこから俺、人気者になった」と、ターニングポイントになった出来事を告白。さらに、おならをギリギリで止めるという遊びを1人で行っていたことを明かし、出演者一同を笑わせていた。

また、ジャニーズJr.時代もリハーサルが嫌で焼き肉を食べに行ったり、振付師から「帰れ」と怒られてそのまま帰ったりと、破天荒なエピソードが続出。16歳の頃には、厳しい練習に嫌気がさして、ホストへの転職を本気で考えたという大野は「Jr.3人くらいと“ホストになりたくない?”みたいな話になって、元ジャニーズのホストはモテるだろう、売れるだろうという話で、途中からマジで意識しはじめた」と振り返った。

さらに、ホスト経験のあるヒロシが「源氏名とか考えてたりしたんですか?」と尋ねると、大野は「“元ジャニーズ”とか考えてた。“元ジャニーズ智”なのか。“元ジャニーズ”を付けないとダメだなと思った」と回答。そのままホストになることを母親に報告した大野だったが、結局、反対されてその道は諦めたという。

最後は、松本潤が大野に「来年何やるの?」と単刀直入に質問。「現時点で、こういうことやりたいってイメージが湧いてきたの?」と聞かれた大野は、「湧かんのよね。実感もない。どうする? 飲む?」と提案し、続けて出演者全員に「全然誘って。みんな誘って、俺が一番暇だから」と訴えていた。

他にも小学生時代のイラストや、中学時代のテストの答案用紙、メンバーにプレゼントした絵画など、記念品と共に大野の思い出を振り返った今回。インターネット上では「おお~! 大野さんランキングあってるじゃん!」「源氏名“元ジャニーズ智”がじわじわきてる。大野くんがホストやってたら通いたい」「松潤が“来年何やるの?”って聞いたときにめっちゃドキってした! 松潤しか聞けないわ」などのコメントが寄せられた。

次回12月26日は、最終回4時間生放送スペシャルが放送される。

Perfume(あ~ちゃん、かしゆか、のっち)、山口紗弥加、浜野謙太、満島真之介、そしてSnow Manの深澤辰哉、目黒蓮、佐久間大介が、9月29日21時から放送される『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)に出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook