広末涼子が、相葉雅紀主演の10月期金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)にヒロイン役で出演することが明らかになった。広末がテレ朝の連続ドラマに出演するのは、2011年10月期に放送された『11人もいる!』以来、7年ぶりとなる。

たらさわみち原作の同ドラマは、神楽坂の動物病院を舞台に獣医師と動物たちの交流を描くハートフルストーリー。現在「officeYOU」(集英社クリエイティブ)にて、続編漫画が連載中だ。東京・神楽坂を舞台に、そこで「坂の上動物病院」を営む若き獣医師“コオ先生”こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語だ。

今回、広末が演じるのは、「坂の上動物病院」で動物看護師として働く加瀬トキワ役。女手一つでひとり息子の大地を育てるトキワは、最新鋭の設備を備えた動物病院で動物看護師を務めていたが、ある事情から「坂の上動物病院」で働くことに。いつしか達也とトキワは固い信頼で結ばれる最高のパートナーになっていくが、トキワが抱える“秘密”が2人の関係に変化をもたらすことになるという役となる。

広末は「『僕とシッポと神楽坂』は、とても優しくて温かいドラマになる予感がしましたので、撮影に入るのが楽しみでした」と撮影を心待ちにしていた様子。また、共演する相葉について「コオ先生は相葉さんのイメージにぴったりですよね! 気遣いさんで優しくて動物好き。相葉さんそのままのキャラクターだと思いました」と明かし、「一緒にお芝居をしていても、どこまでが相葉さんでどこからがコオ先生なのか、わからないくらい(笑)。一方で、手術のシーンや命に真剣に向き合う場面などはまた違った男っぽい一面も出ていたりして、そのギャップには見ている方々もキュンキュンしてしまうのではないでしょうか!」とアピール。

また、演じるトキワについては「あまり表裏のない女性。きっと息子の大地といるときが一番“素”なのだと思いますが、すごく一生懸命で真っ直ぐで素直な人。とても魅力的な女性だし、共感できる部分も多いです。劇中のトキワは煮物が得意、なつもり、という役なのですが、インパクトの強いキャラクターなんです(笑)。そのあたりも楽しみにしていてください」と明かす。

一方、相葉は広末について「広末さん演じるトキワさんは、優しくて包み込むような部分もありつつ、気の強いところもあって……。幅の広いお母さんで、素敵だなって思っています」と賛辞の言葉を贈り、「コオ先生とトキワさんが、どんな関係になっていくのか、楽しみにしていただけたらと思います」とコメントしている。

また今回、広末のほかにも、大倉孝二村上淳矢柴俊博かとうかず子、そしてイッセー尾形らの出演も明らかに。相葉は、「このドラマの撮影現場は、作品の雰囲気そのままな空気に包まれていて、優しい気持ちになれる現場なんです。穏やかな方々ばっかりで、オン/オフなく撮影に臨めているような気がします。放送までまだ時間はありますが、期待して待っていてください!」と語っている。

奥菜恵が、要潤主演のオトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第1話(12月7日放送)に出演。奥菜は、“夫殺しの主婦”の罪に問われている津田亜季子という難しい役どころで登場している。

ページトップへ
Twitter Facebook