5月7日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)で、“世界一豪快な婚活”をした女性が紹介。想像を超えた豪快さにインターネットでも注目を集めた。

今回ピックアップされたワタナベさん(46)は、世界中を渡り歩いて40カ国の男性とお付き合いをしたという“激レアさん”だ。そもそも、なぜ世界を旅するようになったのか? それは、ある男性との出会いがきっかけだったという。

ワタナベさんは慶應義塾大学を卒業後、外資系企業に就職。彼氏もできて順風満帆な生活を送っていたが、24歳の時に婚約解消され、心に深い傷を負ってしまった。そんな時に街で外国人のスカウトマンに声をかけられ、ワタナベさんは「同じ方に(別々の場所で)3回出会った」らしく、そのスカウトマンから「運命だ!」と迫られたそう。心に深い傷を負っていたこともあり、判断能力も十分ではなく、男性について行ってしまったのだ。しかし、紹介された仕事は、タイのビーチでのグラビア撮影だった。

承諾した彼女は、タイへ1ヵ月間行くことになったが、撮影2日目の夜にスカウトマンが“行為”に及ぼうと豹変。ワタナベさんが拒むと「やらせないなら出ていけ!」と言われたそうで「スーツケースが飛んできた」と振り返った。その場を後にしたワタナベさんは、1ヵ月先に予約していた飛行機のチケットがもったいないと、そのままタイへいることを決断。すると、その時に出会ったバックパッカーのフランス人男性に経緯を説明すると、同国にある“ピピ島”に行くことを提案され、「旅行し続ける人がおすすめするな」と島へ行くことにしたのだ。

そこで現地の男性と恋に落ち……。バキバキの腹筋が特徴的で「正式に結婚も考えてくれ」と言うほど情熱的な人だったそう。ワタナベさんは当時を「いろいろなことがあって(出会いが)人生を変えてもいいぐらいの衝撃だった」と回顧。なんと滞在4日目で結婚を決意したのだが、問題が勃発。結婚をするには、宗教上の関係で女性器の一部を切り取る割礼をしなければならなかったのだ。躊躇しているうちに帰国する日になってしまい、結婚には至らなかったそうだが、別れ際、男性に「あなたには世界一幸せになってほしい。世界一幸せになるには、世界一の男と一緒になることだ」と声をかけられたそう。そこでワタナベさんの気持ちに火がつき、日本で仕事をしながら3ヵ月間海外へ行く生活を5年間続けることになった。

ワタナベさんは、マフィアのボス、航空会社社長、聖職者、俳優など、5年間で合計40カ国の男性と恋に落ちる。中には「休みの日になると“ラブ(エッチ)・食事・酒”を朝昼晩と3回ローテーションする人もいた」と振り返った。

しかし、結局ワタナベさんが結婚をしたのは日本人。相手は、当時の旅をインタビューしてくれた人で「私じゃダメですか?」と猛烈アプローチを受けたのだとか。しかし、5年で離婚。現在はまた旅をする生活を続けているとのこと。

そんなワタナベさんが、最終的に世界一の男性だと認めたのが、プロレスラーのオカダ・カズチカ。まさかの告白にあっけにとられるスタジオの面々に対し、「(運命の人は)テレビの中にいた」と言い「(会ったことはないが)会場には行きました」と明かすと、MCの若林正恭は「(関係性は)俺と一緒じゃないですか」と呆れ気味にツッコまれ、ネット上でもワタナベさんの生き方に対し、「今日の激レアさん凄いな!」「世界を渡る女性のタフさに惹かれる」「保存版だ」という声があがっていた。

ページトップへ
Twitter Facebook