深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話が、8月1日に放送される。

本作は、横関大の同名小説を原作に、泥棒一家の娘である三雲華(深田)と、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。華は図書館司書として働いているが、実は泥棒一家“Lの一族”の娘。家業を継ぐことを拒んでいるが、警察として窮地に陥ってしまう和馬を救うため葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。その際に華は“泥棒スーツ”を着用するが、体にぴったりフィットするデザインが「セクシーすぎる」と話題を集めている。

第4話から岸井ゆきのが、代々エリート警察一家の令嬢・橋元エミリ役で出演。和馬が無理やり行くことになるお見合いの相手を演じるが、そもそも男性が苦手で和馬とは目を合わせることができない。果たしてお見合いの行方は? そして、華とは恋敵になってしまうのか?

<第4話あらすじ>
三雲華(深田)は、桜庭和馬(瀬戸)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。途方に暮れる和馬に美佐子は見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。

華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で2人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。

傷心の華が家に帰ると尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちからだまし取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

突然、訪れた年上男性との出会いか? 懐かしき再会を果たした同級生の安心感か......?対照的な2人の間で心が揺れ動くアラサー大人女子のリアルな恋愛事情を描いた大人の恋物語、ドラマParavi「理想のオトコ」(毎週水曜深夜0時40分放送/テレビ東京系)。恋愛から遠ざかって久しい美容師・小松燈子(蓮佛美沙子)は、30歳を過ぎてもまったく男っ気がない。ある日、編集者の友人・安積茉莉沙(藤井美菜)から、これから授賞式に登壇するという漫画家・ミツヤス(安藤政信)の身なりを整えてほしいと頼まれ、そのまま授

ページトップへ
Twitter Facebook