サクランボ(筧美和子)、お客の吉田(村杉蝉之介)

濱田岳主演のドラマ24『フルーツ宅配便』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)第7話(2月23日放送)で、筧美和子が扮する“デリヘル嬢のサクランボ”が、とんでもない裏の顔を見せる。

本作は、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の鈴木良雄による同名コミックを原作としたヒューマンドラマ。子供の学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘル「フルーツ宅配便」で働くワケあり女子の人間模様が、濱田演じるデリヘルの雇われ店長・咲田真一の目線を通して描かれていく。

公式ホームページで筧は、「こんなこと当たり前なんですけど『当たり前』の価値観って環境や生き方によって違いますよね。例えば幸せとか、悪意とか。今まで出会ってきた『当たり前』が違うあの子とかあの人とか、私が演じるさくらんぼちゃんとか。『当たり前』の価値観の微妙なズレに恐怖と面白さを感じました。フルーツ宅配便に届いた異物なさくらんぼ、食あたり注意です」と、メッセージを寄せている。

<第7話あらすじ>
フルーツ宅配便に “ぽっちゃり”系のサクランボ(筧)が入店。笑顔と魅惑のボディで次々指名が入り、店の一番人気・みかん(徳永えり)たちは苛立ち、店内はギスギスしてしまう。一方、咲田(濱田)は、サクランボの熱心な営業姿勢に感心する。そんな時、“ぽっちゃり”好きの吉田(村杉蝉之介)に指名されホテルを訪れたサクランボは客が市議会議員だと知り、ある行動に出る。人気デリヘル嬢の裏の顔が明らかに……!

西銘駿と塩野瑛久がW主演を務めるドラマ『Re:フォロワー』が、テレビ朝日で10月5日(土)26時30分から、ABCで10月6日(日)23時35分からスタート。「裏アカ男子」が悪を成敗するサスペンスで、和田雅成、佐藤流司も出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook