稲垣吾郎がパーソナリティを務めるラジオ番組『編集長 稲垣吾郎』(文化放送、毎週水曜21:30~)で、自身が最近ハマっているという「ピアノ」に関してのトークを繰り広げた。

番組は、稲垣が架空の女性誌の編集長となって、さまざまなトレンドを取り上げていくというもの。2月28日の放送では、リスナーからのメールを受け、4月6日(金)に公開される、稲垣、香取慎吾、草なぎ剛が立ち上げた「新しい地図」によるオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の話題に。稲垣は、オムニバスの一編『ピアニストを撃つな!』の主演を務めることがすでに発表済。フランス映画『ピアニストを撃て』をもじったこのタイトルをリスナーから指摘されると、「まぁ、もじってますよね、どう考えてもね(笑)」と笑いながら、「(フランソワ・)トリュフォーですよね。僕も好きな古い映画です」と映画知識を披露した。

映画では、タイトル通りのピアニスト役を演じる稲垣。「もちろんピアノを弾いたりもするので、ちょこっと練習をしたりとかしてるんですけど、でも、なんせピアノなんて弾いたことないですから」と弱気モード。これまでに何度がピアニスト役を演じたが、すべて“あてぶり”で、実際には弾いていなかったことを明かした。また、過去に出演した舞台『恋と音楽』でのエピソードも披露。「舞台で僕がエアーピアノをしはじめると、劇場中が笑いの渦に包まれた記憶がよみがえってきました(笑) なんでお客さん笑ってるのかなって思ったら、僕がピアノを弾いているのがおかしかったんだなって」と振り返った。

ほろ苦い思い出を噛み締めつつ、「今回も100%弾くことはたぶん難しいと思うんですけど、できる時間内で練習している最中です。なるべくピアニストに近づきたい」と意欲を見せる稲垣。「生活の中でピアノの音は欠かせないものですし、1日1回はピアノの音色に包まれて生活しています。いつかピアノを弾けるようになれたらな、なんて思ってますし、人生の目標がまたできたような感じです」と“ピアノ愛”を熱く語った。

そんな稲垣が最近よく聴いているのが、スペインの作曲家、マニュエル・ブランカフォルトの楽曲。稲垣がピアノ好きになるきっかけにもなったミュージシャンの坂本龍一が雑誌で紹介していたそうで、稲垣は「これを聴いたときに、坂本さんの音楽のルーツに触れた感じがして。なんだろう、オリエンタルな雰囲気、初期の頃のピアノの。坂本さんの音楽が好きな人なら、このブランカフォルトさんの音楽も好きなんじゃないかな」と分析し、「皆さんも調べて、聴いてみてください」とオススメしていた。

【配信終了日:9月26日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。9月19日(木)放送の「アノ有名人は最近何やってるの?スペシャル」では、元カリスマギャルタレント・今井華さんが、テレビから消えた真相から、「テラスハウス」の裏側まで大暴露しました。テレビスタッフのハラスメントに精神を病んだギャルカリスマギャルタレントとして活躍していた今井華さん。テンションやノリを意味する"バイブス

ページトップへ
Twitter Facebook