裏組織委員会の最中の岩田幸彰(松坂桃李)

中村勘九郎阿部サダヲが主演を務める大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。12月8日は、第46話「炎のランナー」が放送される。

宮藤官九郎が脚本を務める本作は、日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(中村)と、日本にオリンピックを招致した男・田畑政治(阿部)が主人公。日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年の「ストックホルム」、幻となった1940年の「東京」と敗戦、復興、そして平和への祈り。1964年の東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を豪華キャストで紡いでいく。

いよいよ1964年となり聖火リレーの準備は大詰め。岩田幸彰(松坂桃李)は最終走者として、原爆投下の日に広島で生まれた青年(井之脇海)を提案するが、政府に忖度する組織委員会で反対にあう。

政府は、アメリカの対日感情を刺激することを恐れていた。平和の祭典としての五輪を理想とする田畑は解任以来初めて組織委員会に乗り込む。アメリカとどう向き合うべきか――。外交官出身の平沢和重(星野源)が秘策を思いつく。

やればできる。それはずっとポジティブな言葉として捉えられてきた。でも本当にそうなのだろうか。その前向きな言葉に押し潰されそうになっている人もいるんじゃないだろうか。 『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22:00〜)のメイ(多部未華子)もずっと人から「やればできる」と言われて育ってきた。 そして、そんな期待を「呪い」と重荷に感じながらも、第2話でメイはまたも「やればできる」に応える姿が描か... 水澤紳吾

ページトップへ
Twitter Facebook