俳優の竹財輝之助が出演している『旅するスペイン語』(NHK Eテレ、毎週火曜24:25~)の第4課「今月の復習~カナリアでホームステイ~」が、10月23日に放送される。同番組は、モロッコ沖のスペイン自治州カナリア諸島にあるグラン・カナリア島でホームステイを始めた竹財が、楽しみながらスペイン語を学ぶプログラム。

男性同士の恋愛を描いたドラマ『ポルノグラファー』(FODで配信中)で、官能小説家・木島理生役を体当たりで演じ話題となった竹財。劇中では、“静”の中に激しい思いは抱いているものの、どこか人を寄せ付けない雰囲気……という印象だったが、『旅するスペイン語』では一変。竹財は、スペイン語初心者のテルとして、大自然あふれる楽園・カナリア諸島に暮らす、陽気なラテン男・ジンの家を突撃訪問し、スペイン語を楽しく学んでいく。

第3課では、ジンとテルは、ジンの娘・ユイちゃんの学校へ遊びにいき「Soy Teru.(私はテルです)」を駆使する。彼女が通うのはインターナショナル・スクールで、授業はドイツ語で行われており、テルはもちろんジンもチンプンカンプン。気を取り直して食堂に向かい、給食のパエリアをいただくことに。放課後は、柔道部に潜入。実は柔道黒帯というジンが、テルに熱血指導を行い「大外刈」の技を教え込む一幕も。子どもたちと対戦することになったテルは、困り顔で「え~どうしよう? 大人げない?」といい、男の子を抱きかかえて優しく寝っ転がして勝利を手にする。最後は、テルvs子ども全員という無茶振りで、もみくちゃにされていた。

放送後はSNS上で「可愛い竹財さんに癒されたい…♡」「柔道をやっている姿が、無邪気で可愛かったです」「のっけからてくてく歩くポーズに死にました。先生もポカンの38歳。つか私に大外刈かけてください…お願いします」「今回は凄くお勉強できた気がするよ(繰り返し見たからね)」と、喜びの声が多数あがっていた。

第4課では、今月習ったフレーズを使ってテルは1人でミッションに挑戦。そして、ジンとマルタの「ちょっとこなれたスペイン語」のコーナーもスタートする。テルは、スペイン語がちゃんと身についたのか? これまでの旅の成果を確認するために、番犬グリスから「イニシャルJの人を3人見つけよ」というミッションが与えられた。ジンの助け舟はなしで、テル1人、スペイン語で聞き出すことができるのか?

その模様は、ネコ先生が厳しく採点。初心者が間違えやすいポイントを指摘する。さらに書き取りテストでみっちり復習だ。ジンとマルタの新コーナーでは、ネイティブに一歩近づける粋なスペイン語が飛び出す。

【配信終了:6月11日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。6月4日(木)の放送では、何も考えずに笑って元気になる名倉座長によるコント集を大放出! コンビ・事務所を超えた人気芸人がシャッフルコントを、本人たちがリモートでコメントしながら放送した。ネプチューン・名倉潤×スピードワゴン・小沢一敬×次長課長・河本準一によるコント「田舎のヤンキー初めてのインスタ」。田舎のヤンキーたち

ページトップへ
Twitter Facebook