生田斗真が主演を務めるドラマ『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第2話が、1月23日に放送。インターネット上では、生田演じる圭祐とスキンヘッド男の戦いに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

売れない脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田)のもとに、連続ドラマ脚本執筆のオファーが舞い込むところから物語が展開する本作。テレビ局側から無理難題を押し付けられる圭佑を支えるベストセラー小説家で一家の大黒柱でもある奈美(吉瀬美智子)と、2人の子供である絵里花(山田杏奈)と空(潤浩)を含めた4人の家族愛を描く。

4月期の連続ドラマ『富豪教師Q』のメインライターに抜擢された圭祐。一人で書いていると、“もう一人の自分”スキンヘッド男(浜野謙太)が現れるため、圭祐が喋った言葉を奈美が打ち込む口述筆記に挑戦していた。そのため、絵里花や空は家事の手伝いをするはめに。

空(潤浩)、絵里花(山田杏奈)
空(潤浩)、絵里花(山田杏奈)

空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)も駆り出される形となったが、密かに思いを寄せる絵里花と仲睦まじく料理ができたことで「あー幸せ!」と噛みしめる。さらに、自分が彼女の志望する大学の先輩であることが判明し、「今度勉強を教えてあげる!」と大喜びした。

一方で圭祐は、いよいよ第一稿が出来上がり、番組スタッフへ見せに行くことに。そこで、第2話から“キラキラ”した若手脚本家・如月翔(小越勇輝)が担当すると告げられる。

若手脚本家・如月翔(小越勇輝)
若手脚本家・如月翔(小越勇輝)

自宅に帰って顔を洗っていると「悔しいんだ?」とスキンヘッド男が現れた。「アイツ才能ありそうだもんな。そのうちお前が2番手になって、3番手になって、もしかしたら……」と詰められてしまう。落ち込んでいる彼を見て、奈美は「これは圭ちゃんのドラマだよ? 余計なことを考えないで書く。とにかく先へ進む!」と叱咤激励した。

バタバタながらも第1話が完成。夫婦水入らずでお祝いしていると、スタッフから連絡が。人気俳優・八神隼人(岡田将生)のワガママにブチ切れた如月が突如降板するというのだ。そこで、第2話も圭祐が担当することに。喜ばしいことだが、時間が差し迫る……。プレッシャーの中、またスキンヘッド男が!

人気俳優・八神隼人(岡田将生)
人気俳優・八神隼人(岡田将生)

「よかったな。全部一人で書かせてもらえるんだぜ。もう誰も助けちゃくれないけどな。責任は全部お前にのしかかってくるんだよ。ウハハハハ!」

圭祐は、メンタルクリニックで得た“受け入れる”という技術を実施。先生曰く、受け入れられれば、否定的なスキンヘッド男が、応援団になってくれるというのだ。しかし、ツルツル男から「何言ってんだバーカ!」と返され、ショックのあまり漏らしてしまった。

奈美は、落ち込む彼を励ましながらも「全部一人で書かせてもらえる~」と、スキンヘッド男とまったく同じ言葉を吐く。すると、圭祐視点では、奈美の顔がスキンヘッド男の顔に変わって……。

奈美(吉瀬美智子)
奈美(吉瀬美智子)

ネット上では、圭祐とスキンヘッド男の対峙シーンに「ツルツルの存在愉快すぎて夜に大笑いしちゃう(笑)」「どこかでツルツルを欲しがってる自分がいる……」との声が。また、仙川と絵里花の料理シーンについては「杏奈ちゃん 159cm 風磨くん 178cm 恋すぎない?? 身長差」「私が隣に並んだら もうちょっと身長差あるの 想像するだけでにヨダレ出るわ」とのコメントがあった。

次回第3話は1月30日に放送。自分の仕事をしながら圭祐の仕事も手伝っていた奈美が倒れてしまう。

水川あさみが主演を務める土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の第6話が、3月6日に放送。それぞれの過去や家庭事情が明らかになるストーリーと、主要キャストの熱演に、インターネット上では称賛の声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook