世の中のありとあらゆるものの“ソノサキ”にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティ『ソノサキ 〜知りたい見たいを大追跡!〜』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)。6月5日の放送では、視聴者の疑問からホストクラブ閉店後のソノサキを調査した。

番組が訪れたのは、東京・歌舞伎町にある「プラチナ本店」。30名ほどのホストが働いており、1か月の平均売り上げは5,000万円を超えるという名店だ。午前0時に営業が終わると、売れっ子ホストは客とアフターへ。一方、店内に残ったホストは掃除を行う。中には掃除をしないホストもいるが、掃除は既定の売り上げに達しなかった人がやるものであり、ある程度お店に貢献していればしなくても良いのだそう。年齢や経験など関係ない完全実力主義なのだとか。

掃除が終わると、未使用のおしぼりを店内のあらゆるところに干していく。これは翌日の営業時、お酒がこぼれた際に対処するため乾かしているのだそう。午前1時30分に店内に残ったホストだけで終礼(反省会)をして1日の終わりとなる。

翌朝、まずは業者がシャンパンタワーを作るため店内で作業。ちなみに、お客さんが10段のシャンパンタワーを注文すると300万円かかるとのこと。午後4時、続いて売り上げの少ないホストが出勤。メイクや衣装をアイロンがけしながら開店準備。開店1時間前には客に営業LINEを送るなどしてようやく営業開始となる。

今回は、同店No.1ホストのROLANDに注目。彼は上から目線の接客を得意とし「綺麗な女の条件って知っている? 俺が綺麗と思うかどうか」などと話し、女性を喜ばせるのが特徴だ。取材当日、彼が接客した女性が支払ったのは現金400万円。彼女はROLANDに1日3,000万円使ったこともあるのだそう。

そんな彼が閉店後向かったのは、お客さんを怒らせてしまったホストが待つ個室。しばらく沈黙が続いた後、ROLANDは「俺からしたらお前ら0点だよ」と一言。高額なお金を取っていることもあり「そこらへんの男の10倍以上気を使わないと」と説教をした。VTRで観ていたMCの設楽統(バナナマン)は「お客さんあっての商売だからね」と理解を示した。

そんなROLANDは家を借りておらず、1泊40万円するホテルを転々としている。理由として部屋が広すぎると掃除に1時間以上かかると言い「オレ1時間あったら東アジアの女性くらい全員幸せにできるので」とキッパリ。さらに「下手なテレビを観るより、鏡を見ている方が面白い」と語るなど名言が止まらなかった。

翌日、営業前に彼は204万円の時計をさらりと購入。どこが気に入ったのか聞かれると「説明できる“好き”は本当の“好き”じゃないと思っているんで。フィーリングです」と話す。また、その日はロールスロイスの納車日だったそうで、ディーラー曰く、現金4,000万円弱を一括で支払ったという。

ネット上ではROLANDの発言に注目した人が多く、「ハングリー精神がぶっ飛んでやがるし根性すごそう 」「No.1の理由がわかる」「あの自信を見習いたい」「発言がカッコよすぎる」などの声があがっていた。

志尊淳が、10月17日19時から放送の『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系、毎週水曜20:00~)2時間スペシャルに出演し、有田哲平の秘話を明かす。

ページトップへ
Twitter Facebook