同級生の“今”を取材し、知られざるエピソードとともに有名人の素顔を掘り起こす『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系、毎週水曜19:00~)。3月21日の放送は、川口春奈がゲストで登場。同級生から意外過ぎる素顔が明かされることがわかった。

九州の最西端、長崎港から西へ約100km離れたところに位置する五島列島の五島市で生まれた川口は、五島市内の小・中学校に進学し、在学中の2007年、当時12歳の時に雑誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得。芸能界入りを果たすと、三井のリハウス“第13代 リハウスガール”に抜てきされ、ドラマ『東京DOGS』(フジテレビ系)で女優としてデビュー。その後も多くのドラマや映画、CMなどに出演し幅広く活躍している。

収録では、小学生時代の懐かしい同級生たちとVTRで再会を果たす川口だが、小学生の頃に好きだった男子のエピソードを顔を赤らめながら話す場面も……。皆から「カッコいい!」と言われるタイプではなかったものの、明るい性格でクラスのムードメーカーだったという彼。普段はふざけているが、真面目な話をする時は親身に聞いてくれたようで、その姿に惹かれた川口は、席替えの時に「(彼と)隣になれ!」と願っていたほど、想いを寄せていたという。

VTRでは、そんな憧れの彼とドキドキの再会。小学校時代の姿から一変、すっかりたくましくなった彼の“今”に、川口も「カッコイイ!」と喜びの声を。また、そんな彼の職業を聞いた川口はさらに驚くが、彼のプライベートについて話を聞くと、付き合っている女性がいることが判明。しかも、その女性は川口と“因縁の仲”だったとか!? 果たして2人の間に何が起こったのか? 衝撃の事実を知った川口の反応は!? さらに憧れ男子が、川口は「動きが変だった」「(自分の)お尻が柔らかいと自慢していた」など、小学校時代の意外すぎる素顔を暴露し……。

そして中学校時代、川口が憧れた先輩も登場。当時バスケットボール部のキャプテンだった彼の練習姿を体育館の影からじーっと覗き、部活が終わるまで先輩を待ち伏せしていたという川口。「結婚していたらショック……」そう語る先輩との再会の結果は? 川口が気になる先輩の“今”が明らかとなる。

さらに、番組への出演が決まる前から川口が“今何してる?”のか気になっていたという女子同級生も登場。小学校の仲良し5人組のうちの1人で、川口が弱っている時はそれを察し、寄り添ってくれていたらしく、「ニコラ」のオーディションに提出する履歴書用の写真も、彼女の家の庭で撮影したものだったとか。ノリが良くて明るい彼女。しかし、川口が五島市を離れてからは一度も会っておらず、今はどこで何をしているのか全くわからないとのこと。今回、そんな彼女と共に小学校の仲良しメンバーが顔を揃える。懐かしい思い出を語りつつ、川口にエールを送る彼女たちだが、「可愛さよりも面白さが勝っていた」という川口の“素”も明かす。

収録後、川口は「楽しかったですね。なんかいろいろな気持ちになりました(笑)。純粋に会いたいと思っていた人がたくさんいたので、今回VTRで会うことができて良かったです。小学校のころに憧れたの男子の“今”にはびっくりしました。でも10年もあればいろいろなこともあるな、という感じでした(笑)。学校に通いながら芸能活動をしているときでも、近くにいて応援してくれていた友人が何人かいましたが、その子たちが今も自分のことを思い出して話してくれている。それが今日見ることが出来て嬉しかったですね。私にとっても貴重な時間になりました。地元の私と同じ学校の友達、先輩、後輩などは見ていて面白いと思いますし、私のことを知らない人が見ると“なんだ?”という感じになるとは思いますが(笑)、私自身がこういう人間だったんだ、という感じで楽しく見ていただけたらいいなと思います」と語った。

1988年度卒 堀越高等学校の同窓会に潜入!3月28日の「マツコ会議」は、1988年度卒業の堀越高等学校の同窓会から中継!堀越高は学業と芸能活動を両立するためのコースがあり、多くの芸能人を輩出することで有名。88年度卒と聞いて、マツコは「(当時)アイドルブーム

ページトップへ
Twitter Facebook