仲里依紗が、夫に浮気される=“サレ妻”役で登場するドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)。主人公・高森杏寿(仲)とその夫・純平(塚本高史)、そして純平の浮気相手・井筒里奈(松本まりか)とその夫・渡(中村倫也)の“愛とモラルの攻防戦”が繰り広げられているが、3月2日放送の第6話では、里奈の純平に対する歪んだ想いが爆発し、インターネット上でも盛り上がりを見せた。

杏寿がネットで知り合った男とベッドで寄り添っている写真を見てしまった純平は、頭の中では許すべきだと分かっていても、そう簡単に気持ちの整理がつかなかった。そこへ、純平の浮気相手だった里奈が、夫・渡に追い出され、純平の寮へと転がり込んできた。里奈はありったけの言葉で純平への愛をぶつけ、すがりつくが、純平は「里奈ちゃんと一緒になるつもりはない。もう帰ってください。君とはない!」とキッパリ断った。なぜ、そんなに自分のことを好いてくれるのか? という純平の疑問に里奈は、「その人の奥さん、家の中を見ればわかる。私は、奥さんのSNSにあがっている写真をみてた。純平さんは一緒に暮らしている奥さんを幸せにできる本物の男だった」と話し、さらに「あなたに愛されるためなら何でもする! ダメですか」と再びアプローチ。それでも断られ、純平の部屋を後にしたが……。

帰り際、とっさに純平と同じ階に住む同僚に“自分が純平の部屋にいた”ことを気づかせようと、わざと物音をたて、部屋から同僚たちが出てくるように仕向けるという作戦に乗り出した。部屋の外に出てきた同僚たちは、帰っていく里奈を見つけ「あれ、里奈さん? 純平さんの部屋を見てない?」と純平に不倫の疑惑を抱かせるのだった。

里奈の裏工作は止まらず。会社を辞めたはずの里奈だったが、再び純平の職場で働き始めたのだ。満面の笑みで「復帰しました!」と、純平の前に現れ、小声で「近くにいさせていただけるだけで、私幸せなんです」。純平が本社に復帰することになっていたため、純平の後任が決定。会社では歓送迎会が開かれたが、里奈はあざとくそこにも顔を出した。そして、スキをみてその後任にお酒を進め雑談していたが、里奈は会話の途中で「純平さんも……」と、明らかに何か関係があるような“親しげな呼び方”をして、純平との関係を疑わせたのだ。

一方、杏寿が経営するネイルサロンは相変わらず、予約のキャンセルが相次いでいた。杏寿を“不倫中のゲスい人妻”と揶揄するメールと写真が、常連客宛てにばら撒かれたからだ。しかも、客の中にはママ友たちもいたため、事態はさらに悪化。何の罪もない娘・七香(渋谷南那)までもが、保育園で仲間外れのターゲットにされてしまう。この状況に心を痛め、母親として責任を感じる杏寿。やがて彼女は“ある決意”を……。時を同じくして、春田龍馬(平岡祐太)は親友である杏寿を陥れようとした人物を特定しようと奔走。経営者・黒井由伸(吉田ウーロン太)になりすまし、杏寿を口説こうとした男が志賀拓巳(山田裕貴)だと突き止め、本人に直接会いに行く。すると、驚愕の事実が……という展開だった。

回を追う毎に、里奈の行動はエスカレート。純平、会社、そして視聴者までも巻き込み、ネット上では里奈へのコメントが多数。「純平さん! あ、やっべみたいなわざとらしい顔が頭突きしたくなるわ」「やばいめちゃ怖い」「里奈の髪引きちぎってやりたい」というゲス里奈への反応もある中、「ホリデイラブの影の主役は里奈こと松本まりかさん」「里奈ちゃんの行動が怖いけど、演技が上手い」「里奈さんが視聴者含めかき乱してるのすごい。松本まりかさんの演技力が凄い!」と称賛する声もあがっていた。

西島秀俊さんが主演を務めるスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系、21:00~)が、3月30日(土)と31日(日)に2夜連続で放送される。これまで何度も映画化・ドラマ化されてはさまざまな名優が明智小五郎役を演じてきた本作を、今回は舞台を現代に移し、西島さん演じる明智が明晰な頭脳とアクションを武器に世界的ハッカー集団「ファントム20」との戦いに挑む。

ページトップへ
Twitter Facebook