皆本麗子役の片瀬那奈

片瀬那奈浜野謙太正名僕蔵中山義紘が、9月22日(火)にスタートする福士蒼汰主演の新ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)に出演することがわかった。

本作は、集英社のマンガ雑誌「グランドジャンプ」に連載されていた大沢俊太郎による同名コミックを原作に、様々な犯罪組織に潜入して情報や証拠を手に入れる潜入捜査チーム(通称:D班)の活躍を描くサスペンスドラマ。

福士が演じる主人公の黒沢兵悟は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、D班の一員となる。D班の任務は、DIVER(ダイバー)として悪の組織に潜入すること。命を落とす危険と隣り合わせの仕事に従事することになった黒沢は、犯罪者逮捕のためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」として、自身の正義で悪を駆逐する。

福士のほかに、すでに野村周平安藤政信りょうの出演が発表済み。野村は、黒沢のライバル的存在となる佐根村将を、安藤はD班の班長・伊達直哉を、りょうは、兵庫県警本部長でありながら影でD班を操る阿久津洋子を演じる。そして今回、4人の追加キャストが本作の出演者に名を連ねることとなった。

片瀬と浜野は、黒沢や佐根と共に潜入捜査に赴くD班のメンバーに決定。片瀬が演じる皆本麗子は、D班に所属しながら裏社会の人間を治療する闇医者としても活動しており、危険と隣り合わせなD班の医療担当としての役割を果たすことになる。

片瀬は自身の役どころについて「D班の医者として、負傷したときの治療はもちろん、心のケアもするようなチームのお母さんでいようと心がけています」とコメント。医療監修の指導を受け、医療器具の使い方や縫合術をマスターし、本作に挑む。

また、福士については「イメージどおり、とっても笑顔の素敵な方ですが、芝居になると、兵悟の役柄もあってガラっと変わってダークな男に。そのギャップが素晴らしいです」と印象を語った。

そして、ミュージシャンながら俳優としても活躍中の浜野は、ITや機械に強く、ハッキングを得意とする超理系男子の宮永壮一を演じる。ホワイトハッカーである宮永は、その機密情報を得る能力を買われ、D班のメンバーに転身。高度なサイバーテクニックを駆使して、数々の事件の糸口をつかんでいく。

浜野は宮永と兵悟の関係について「ノリも育ちも性格も違いますが、ポリシーや自負を超えた、ただただ集中した地点=“ゾーン”で一緒になれる仲間だと思います」と説明。その一方で「一部、D班のメンバーと結託するところはあったとしても、それ以外のノリが合わない、どこかウザい感じが出たらなと思っています」と役作りのポイントを明かした。

さらに、松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」所属の正名が、伊達の上司であり、兵庫県警組織対策課の課長・鏡光一を、劇団「Patch」所属の中山が、鏡の下で犯人逮捕のため現場を走り回る若手刑事・大山崇を演じる。

今回の追加キャスト発表に伴い、公式ホームページもリニューアルオープン。さらに、先日、特報映像として公開された15秒に加え、30秒バージョンの新映像も解禁。ハイキックを繰り広げたり、野村とぶつかり合ったりする福士のほか、D班のメンバーも登場する。

杉野遥亮が主演を務めるドラマ『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系、毎週金曜24:52〜 ※一部地域を除く)。1月22日放送の第3話では、堀田茜演じるクラスの女子・鎌田と杉野演じる直ちゃんたちのささいないざこざをきっかけに、男子と女子のジェンダーをめぐる話に。インターネット上では「三年生に世界の矛盾を代弁してもらった気分」「ジェンダー教育の教材にしてほしい」との声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook