山田杏奈大友花恋が、10月10日スタートの木ドラ25『新米姉妹のふたりごはん』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)でダブル主演を務めることが決定した。

同ドラマは、「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWA)にて連載中の柊ゆたかによる人気漫画が原作で、親の再婚を機に突然姉妹になったサチ(山田)とあやり(大友)“料理” を通して心を通わせていく物語。生ハムの原木やラクレットチーズなど、「こんなの家で食べられるの!?」と驚く料理が続々と登場し、こうした料理を通して絆を深めていく新米姉妹から目が離せない。

山田が演じるサチは、料理をすることは苦手だが、美味しいものを食べることが好きな外交的な少女。天真爛漫な性格だが父親の影響でしっかり者の一面を持つ。最初はあやりとどう接していいかわからなかったが、料理を機に距離が縮まり、以降は姉らしく振舞おうとする役どころだ。

一方、大友が演じるあやりは、内向的な性格で誰に対しても丁寧語で話し、緊張すると目つきが鋭くなるが、料理が絡むと目を輝かせる一面を持つ少女。料理が趣味で、それに関することの知識は豊富だが、高校などの勉学は苦手というキャラクターだ。

今回の発表を受け、山田と大友からコメントが到着。以下に紹介する。

<山田杏奈コメント>
ごはんを作って、大切な人と食べられることって普遍的だけど実はすごく貴重で幸せな時間なんだということを原作を読ませて頂いた時ひしひしと感じました。そんなサチとあやりの温かい時間を大友花恋さんと共に作りあげていけると思うと、撮影が今からとても楽しみです。1日の終わりに心がほんわりとほぐれるような 30分間をお届けできるよう精一杯がんばります!

<大友花恋コメント>
2人の女の子が、家族として絆を深めていく姿がとても温かく、自然と笑顔になりながら原作を読ませていただいています。この作品は「食」をテーマにしていますが、私自身も日頃から美味しい「ごはん」に力をもらっています。見てくださる皆さんにも、姉妹の温かさはもちろん、「ごはん」が持っているパワーやときめきをお届けして笑顔になっていただけるよう、不器用だけどとても優しいあやりとして精一杯生きようと思います。深夜、新米姉妹と美味しいごはんたちにドキドキしていただけると嬉しいです!

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第6話が、9月13日に放送された。 麻衣子(門脇)はとうとうベランダで互いの間を隔てていた壁を乗り越え、二葉(森山)のもとに行く。しかし、突然、帰りが遅いはずだった二葉の妻・聖(西田尚美)が帰って来て・・・。聖になじられた麻衣子は言う。「...

ページトップへ
Twitter Facebook