作品を支える国際派キャストが決定

小栗旬ムロツヨシが共演し、3月23日(土)、24日(日)に放送されるテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(二夜とも21:00~)を支える国際派キャストが決定。モーリー・ロバートソンセイン・カミュ厚切りジェイソンハリー杉山チャック・ウィルソンケント・ギルバートダニエル・カールデーヴ・フロムジョージ・ウィリアムズ村雨辰剛織田信成の出演が発表された。

発行部数250万部突破の大ベストセラー、山崎豊子の「二つの祖国」を民放で初めて映像化する本作は、1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも、激動の時代を生き抜いた若者たちの愛と奇跡の物語を豪華キャストで壮大なスケールで描くヒューマンドラマ。テレ東初主演となる小栗が、日系二世でロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者で、アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ主人公・天羽賢治役を、ムロがアメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮を演じ、シリアスな人間関係を繰り広げる。

今回発表された、キャスト陣の役どころは以下の通り。東京裁判法廷ウェッブ裁判長を演じるのは、ドラマ初出演のモーリー。連合軍通訳部のムーラー中佐を演じるのは、セイン。アリゾナ・軍キャンプ査問官ホプキンズを演じるのは、厚切りジェイソン。マンザナール収容所に強制収容された二世マイケル坂田を演じるのは、ハリー杉山。日本語学校「キャンプ・サベージ」クラーク校長を演じるのは、チャック。GHQ情報部の将校を演じるのは、ケント。ロサンゼルス群立病院の医師ピーターソンを演じるのは、ダニエル。インフォメーション・セクションのカミング所長を演じるのはデーヴ。FBI捜査官ケヴィンを演じるのはジョージ。極東国際軍事法廷のマイクチェックをするアメリカ人技術者を演じるのは、今回演技初披露の村雨辰剛。“ラストエンペラー” 愛新覚羅溥儀を演じるのは、今回中国語台詞に初挑戦ながらも、台詞の言い回しが本
格的すぎると話題の織田信成だ。

賢治(小栗)vsチャーリー(ムロ)の対立を軸にしたヒューマンドラマを支える、豪華俳優陣の芝居合戦に注目が集まる。

ドラマBiz『ハル ~総合商社の女~』(テレビ東京系、10月21日スタート、毎週月曜22:00~)の記者発表会が16日、都内で行われ、主演の中谷美紀ほか、共演者の藤木直人、白洲迅、奥田瑛二が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook