小栗旬が主演のテレビ東京開局55周年特別企画『二つの祖国』(テレビ東京系、3月30日・31日2夜連続放送予定)に、高良健吾新田真剣佑原菜乃華麻生祐未松重豊の出演が決定した。

本作は、山崎豊子による発行部数250万部突破のベストセラー「二つの祖国」を原作とし、1900年代、第二次世界大戦前・中・後の アメリカと日本が舞台。1900年代前半にアメリカに生まれ、アメリカ人として育てられた日系二世たち。しかし、日米開戦は彼らに残酷極まりない問いを突きつけた。日本人として生きるのか、アメリカ人として生きるべきか……。共に日系二世で UCLA の同級生でありながら、「日本人であること」に正反対の考えを持つ賢治(小栗)とチャーリー(ムロツヨシ)。鹿児島出身の両親を持ち日本で教育を受けた賢治は、アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持っていた。一方、幼いころに強盗に父を殺されるなど苦労を重ねてきたチャーリーは、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとしていた。正反対の生き方をする2人の人生は、歴史の流れに翻弄されながらも交錯し、時に助け合い、時にぶつかり合ってゆく。その「悲劇の対立」の行く末に 待ち受けていたものは……。

そしてこのたび、日系一世・二世として生きる天羽家の人々を演じるキャストが決定。天羽家の長男・賢治(小栗)の父親であり、19歳のときに一念発起し、郷里の鹿児島から移民として渡米。日系人に対する過酷な境遇に耐え、ロサンゼルス・リトルトーキョーでアモウランドリーを経営するも、開戦によって全てを没収され、収容所に送られる事となる天羽乙七役を松重、賢治の母親であり、日系一世独特のアメリカ社会への寄与と日本人としての思いという葛藤を抱えながらも、様々な困難に際して影日向となって夫・乙七を支える天羽テル役を麻生、賢治の妹で天羽家の長女・天羽春子役を、連続ドラマ『朝が来る』(フジテレビ系)での“泣ける”演技が話題となった若手実力派女優・原が演じる。

そして、賢治の弟で、日本の大学に在籍中に日本とアメリカが開戦し、日本軍に徴兵される事となる天羽家の次男・天羽忠役を高良、同じく賢治の弟で、日系人が収容されたマンザナール強制収容所でアメリカ軍への志願を決意し、戦地に赴く天羽家の三男・天羽勇役を新田が演じる。

超豪華な面々が演じる天羽家は、激動の時代の中、戦争によって残酷にも切り裂かれていく。揺れ動く家族の絆、哀しき運命…その先に待ち構える「天羽家の悲劇」の行く末は……!? また、激動の時代を生き抜く男たちの影には過酷な運命に翻弄される女たちがいた――。次回は、超豪華女優陣が発表される予定だ。

新たに出演が決まった高良、新田、松重のコメントが到着。以下に紹介する。

<高良健吾 コメント>
――「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、作品に対する思いや、意気込みなどお聞かせください。

この時代これからの世の中に必要な物語だと思いました。戦争を経験された方が少なくなっている今、今を生きている人間達が残していかなければならない、伝え続けていかなければならない物語だと思います。

――日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識されている点などございますか?

先人の方々に失礼のないように、分かった気にならないように与えられた役を、思いを丁寧に演じたいです。

――小栗旬さんとは何度か共演されていますが、今回兄弟役で共演されていかがですか?

先に先に進み続ける小栗さんがどのように現場に居るのかを学ばせてもらっています。勉強になる事だらけです。

――視聴者の皆様へメッセージをお願い致します。

二度と繰り返してはならない人間の行いを、戦争によって人生を翻弄されながらも必死に生きた人々を、視聴者の方々ともう一度考える事ができたらと思います。

<新田真剣佑 コメント>
――「二つの祖国」が民放初ドラマ化となりますが作品に対する思いをお聞かせください。

とても好きな作品です。この作品に参加できる事を光栄に思います。

――日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識されている点などございますか?

天羽勇という役は、3兄弟で一番アメリカ人らしいというところでは、僕自身と似ている部分がある役だという印象を持ちました。僕自身の生まれ育った環境と近い事もあり、余計な事を考えずにホームにいる感覚で演じることができました。役にもとても入り込みやすかったです。

――小栗旬さんとは初共演となりますが、小栗さん、高良さんと今回兄弟役で共演されていかがですか?

小栗さんとは以前から仲良くさせて頂いていて、いつかご一緒できたらと思っていたので、今回共演できて光栄に思います。小栗さん、高良さんの弟役なので、お2人の背中を見て引っ張って行ってもらおうと思っています。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

今の若い世代があまり知らない時代、戦争により何が起きていたのか、今がどれだけ恵まれているかという事を考えるきっかけになる作品だと思います。そして、この作品を見て頂き改めて家族の大切さを感じて頂けたらと思います。

<松重豊 コメント>
――「二つの祖国」が民放初ドラマ化となりますが作品に対する思いや意気込みなどをお聞
かせください。

偶然にも山崎豊子さんの作品を連続して演じることになり、不思議なご縁を感じており
ます。(※ドラマ『不毛地帯』(‘09)、『運命の人』(‘12)などに出演)

――日系アメリカ人であり主人公・天羽賢治の父という役どころですが、役作りで意識されている点はございますか?

当時の日本人の置かれた状況、日系1世としての苦悩を、追体験しながら、取り組んでおります。

――小栗旬さんとは何度か共演されていますが、今回親子役で共演されていかがですか?

親子役は初めてですが、こんな息子がいると老後は楽でしょうね。

――撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。

真剣佑君が僕にくれたタピオカミルクティにはまってしまった。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

身近な日本人に実際に起こった、違う側面から見た戦時ドラマです。身につまされる状況に胸を痛めてください。

吉川晃司主演の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。放送は残り2回で、7月7日(火)、14日(火)に前後編で放送される最終章に高岡早紀が出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook