左から、濱田岳、火野正平

俳優の火野正平が、1月4日(木)21時放送の新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』(テレビ東京系)に出演することがわかった。火野が演じるのは、濱田岳演じる主人公・浜崎伝助の父親・浜崎伝三役。インターネット上で親子説が浮上するほど顔が似ている火野と濱田の共演に大注目だ。

『釣りバカ日誌』シリーズ最新作となる本作の舞台は、連続ドラマのシーズン2の最終回で、浜崎伝助ことハマちゃんが出向した四国の香川県。鈴木建設から関連子会社である香川の浦島建設に出向したハマちゃんは、妻のみち子さん(広瀬アリス)と新婚生活をスタートさせ、同時に憧れの結婚式に向けて、準備を進めていた。

一方、鈴木建設では新規事業“芸術アイランドプロジェクト”が立ち上がり、ハマちゃんの釣りポイントでもある四国の鬼哭島が候補地に選ばれる。しかし、鬼哭島の漁師で民宿の娘の瀬尾希和(貫地谷しほり)はプロジェクトに猛反対。プロジェクトに関わる戸高不動産の子息で芸術家の戸高仁(小澤征悦)や佐々木課長(吹越満)、そしてハマちゃんと釣りをするためにやってきた鈴木一之助(西田敏行)ことスーさんも合流し、鬼哭島は大混乱に陥るのだった。さらに、思いがけない大事件も勃発。ハマちゃんとみち子さんの結婚式に暗雲が立ち込め、島には両家一同も集結し、話はどんどんややこしくなっていく。

今回、初の『釣りバカ日誌』シリーズへの出演となった火野は、「やっとホントの息子と同じお仕事が出来ました。ここまで隠してきたけど、光栄です」と濱田との親子説を笑いに変えてコメント。そして、「西田敏行さんと何十年ぶりかでご一緒出来て、とても楽しい撮影でした。面白いから観てね」と、撮影を満喫したことを明かし、視聴者へのアピールも忘れなかった。

火野の演じるハマちゃんの父親・伝三が、どう物語に関わってくるのか。ハマちゃんと同じく釣り好きなのか。ハマちゃんとはどんなやり取りを見せるのか。すべては放送で明らかになる。

ページトップへ
Twitter Facebook