11月15日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に、総勢18名のグラビアイドルが出演。芸能界の裏側や大富豪とのマル秘エピソードを暴露した。

グラビアアイドルの粕谷まいは、「会員制のキャバクラで働いている」という友人から、身元がバレることもないため「体験入店に来ないか?」と誘われたことがあったそう。粕谷は、仕事が少なくお金に困っていたため、その誘いに乗ったという。

その会員制のキャバクラは、東京・西麻布あたりにある一軒家。しばらく、待機所で友人と話をしていたのだが、トイレに行こうと席を立ったら、その手前に2~3個の小部屋があった。何に使う部屋なのかボーイに聞くと「魔法の部屋」だと説明されたのだとか。気になった粕谷が、誘われた女性に質問すると「VIPのお客さんとあそこへ2人で行くとお小遣いがもらえる」と言われたのだそう。そこで肉体関係になることもあるようで、キャバクラで気に入った女性がいると「20~30万円でどう?」と誘われ、OKであれば「魔法の部屋」に行くというシステムであることが明かされた。

そして、Fカップのグラビアアイドル・桃知レイナは紀州のドン・ファンからプロポーズされたと明かした。紀州のドン・ファンといえば、和歌山県の大富豪で、財力を元に「美女4000人を抱いた」とも公言している男性。今年5月に謎の突然死が確認され、ワイドショーをにぎわせた人物でもある。

知り合いの男性から「お茶を飲むだけでいいから」と言われた桃知が、六本木の高級ホテルに行くと、やって来たのが紀州のドン・ファンだったという。最初は3人でおり、「何歳なの?」「どこ出身?」など、パーソナルな質問をされたそうなのだが、知人の男性はすぐに席を立ち帰ってしまった。すると突然、紀州のドン・ファンから「今日いくらでヤレるの?」と言われ、さらに「8億円あげるから結婚して」とプロポーズも受けたとのこと。部屋に行こうと促され、断れずについていったのだが、桃知は「おなかが痛い」と言ってすぐに退室したことを明かした。

ほか、アルバイトをしていたキャバクラで出会った中国人の映画監督から、作品の出演依頼を受け、撮影3日間でセリフも2言程度だったものの、ギャラが600万円振り込まれたという話や、飲み会に行った際にトイレで有名野球選手から襲われそうになった話など、ハードなエピソードがたくさん飛び交っていた。

ページトップへ
Twitter Facebook