美輪明宏が、9月25日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜20:54~)に、初出演する。同番組は、依頼を受けた「お宝」の歴史的・資料的・金銭的価値を鑑定すると同時に、その「お宝」に対する人々の思いなどを伝えるバラエティ。

今回は、『ありえへん∞世界』(同日18:55~)とのコラボレーション企画第4弾ということで、レギュラー出演中の美輪が登場。さらに、「ありえへん超金持ち」や、「鑑定を依頼したいお宝を持っていそうな人」を大捜索し、その中から選ばれた依頼人が、有名小説家が遺したお宝を持参する。美輪も絶賛する“ありえへんお宝”の鑑定結果はいかに?

一方、美輪が持参したのは、昭和31年に美輪をモデルに描かれた油絵。現在も自宅の応接間に飾っているそう。美輪は20代の頃、すでにプロ歌手として活動していたが、あることがキッカケで絵のモデルをすることに。絶世の美青年・美輪が描かれた絵は、どのような絵なのか。超貴重な絵を大公開する。また、美輪を描いた画家とはいったい何者なのか? 

美輪は、「今回は『ありえへん∞世界』からのお宝だけでなく、昔、私を描いてくださった画家さんの画も鑑定して頂きました。その画家の方がとても素晴らしい画家だったことを分かっていただきとても有意義な時間でした。是非、多くの人に知って頂きたいです。今度は私を鑑定してもらおうかしら?(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメント。

番組プロデューサーは、「美輪さんにお持ち頂いたお宝は『価値が知りたい』という事ではなく、美輪さんご本人が『描いてくれた作家さんの事を知って欲しい』という思いでお持ち頂いたものですので、お宝の解説VTRもスタッフが全力で製作しました。その画家とは一体誰なのか? そして、どのような画家なのか? ご注目頂ければと思います」と、メッセージを寄せた。

中居正広が話題のニュースを独自の切り口で解説していく新感覚ニュース番組『中居正広のニュースな会』。 同番組で進められてきた絵本プロジェクトが、ついに集大成! 監修・中居正広、キャラクターデザイン・劇団ひとり、脚本・古市憲

ページトップへ
Twitter Facebook