北川景子が主演を務めるドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話が、5月14日に放送。一度は結婚生活の継続を決めた2人が再びすれ違ってしまう展開に、インターネット上では様々な反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

“交際ゼロ日”でスピード結婚した現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山瑛太)を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。

結婚生活を最初からやり直そうと決めた咲と紘一の2人とは対照的に、お互いの両親は離婚に向けて着々と前進していた。紘一の実家では、薫(宮崎美子)が自宅に戻ってきて、旅館で働いた給与明細を正(酒向芳)に見せた。1人で働けることを証明し、「離婚届にサインしてください」と懇願。その場に居合わせた咲と紘一は、「今日はもう遅いので」と薫をたしなめ、全員で紘一の実家に泊まることにする。

シーンカット
シーンカット

一方、咲の実家では、美土里(三石琴乃)から離婚を突きつけられた武史(平田満)が浮気相手と思われる城木里奈(中田クルミ)とイチャイチャしていた。心配だからと様子を見に来た紘一は拍子抜け。さらに、美土里から離婚届を預かっている弁護士の青山貴也(高橋光臣)もやってきて、4人ですき焼きを囲むことになる。

薫も美土里も、新生活をはじめる前に夫と別れて戸籍を整理したいという。離婚届を前に、妻への思いを巡らせる正と武史。そして、新婚生活を満喫していた咲と紘一にも再び危機が訪れる。

担当している小説家の水無月連(白洲迅)から「俺の話し相手になってよ。小説のヒントになるかもしれないから」と言われた咲は、水無月に新境地となる新しい小説を書かせるために、プライベートを削って仕事に邁進。また、自宅と基地が離れていることが原因で、任務に遅れた紘一は、代わりに出動した後輩の谷雅樹(柴田勇貴)が怪我をしたことを自分のせいだと思ってしまう。紘一は、自宅が離れていることを気にしている上層部のこともあり、咲に「水戸の実家に引っ越そうと思う」と提案。しかし、水無月との仕事の関係で自宅を離れることができない咲は反対する。

シーンカット
シーンカット

そして、紘一に思いを寄せる一ノ瀬純(田辺桃子)から、紘一の職場での顛末を聞いた咲は、一ノ瀬から「潔く離婚したほうがいいんじゃないですか」と言われてしまう。その晩、咲と紘一の話し合いは口論に発展。水戸へは行けないが夫婦として別々に暮らす道もあるという咲と、夫婦は一緒に暮らすものだという紘一の意見はどこまでも平行線を辿り、咲は「やっぱり私たち離婚するしかないのかな」と口にしてしまう。

結婚生活に対する考え方のズレから、再び離婚の危機を迎えた2人。ネット上では「お互い好きなのに夫婦の価値観ですれ違う2人がもどかしい」「大切なのに不器用な2人から目が離せません!」「結局大事なのは思いやりなんだよなあ」「面白いけど周りの人間たちが引っ掻き回しすぎ~」などのコメントが寄せられた。

次回、5月21日放送の第6話では、ついに離婚届に判を押した2人が最後の一夜を過ごす。

ページトップへ
Twitter Facebook