久保田紗友鈴鹿央士がW主演を務めるドラマイズム『ホリミヤ』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)の第1話が、2月16日に放送。インターネット上では久保田と今作が初主演となる鈴鹿の初々しさが話題になっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、月刊「G ファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で、シリーズ累計600万部を突破したHERO・萩原ダイスケ著の同名漫画が原作。久保田は、家では地味な生活を送っていることを秘密にするクラス一のモテ女子・堀京子を、鈴鹿は、多数のピアスに全身タトゥーを隠しているネクラのオタク男子・宮村伊澄を演じる。

ある日、いつもと同じように速攻で家に帰り、家事をこなしていた堀(久保田)は、ママ友から弟・創太(高木波瑠)がピアスだらけの若い男が連れ去られた、という電話を受けたが、泥だらけで帰ってきた創太を見て周りをそっちのけで無事を喜んだ。しばらくして、後ろにたたずむ「ピアス男」に気が付き、不審がる堀だったが、なぜか創太が気に入って家に招き入れることに。誤解が解け頭を下げた堀だったが、目の前の「ピアス男」がクラスメイトのネクラ男子・宮村(鈴鹿)だと分かると、驚きのあまり絶叫する堀。。

その日以来、宮村が堀の家を尋ねることが多くなり、お互いの知らなかった部分が見えてくると自然と学校でも一緒にいるようになった。そんな2人の仲を、クラスメイトの石川透(鈴木仁)に疑われた宮村は「僕らは釣り合わない」とはぐらかすと、逆に石川が堀に好意があることを見抜いた。白状した石川は、堀に告白することを宣言し、放課後堀を呼び出した。

堀は帰ってくるなり、留守番をしていた宮村に「二度と『自分たちが釣り合わない』なんて言わないで!」と大激怒。そして、なぜか宮村が石川にピアスとタトゥーの秘密をバラした事にも腹を立て、宮村から眼鏡を外した姿でクラスメイトの吉川由紀(岡本莉音)と鉢合わせてしまったことを聞かされると、「私以外の人に宮村のその格好を見られたくない……」と拗ねて落ち込んだ。それに対し「堀さんの料理するところとかエプロン姿とか見られたくない」と本音を漏らし「家で飾り気のない堀さんのほうが可愛い!」とほほ笑む宮村に堀は「ばーか、ばーか!」と叫び続けた。

ネット上では久保田と鈴鹿のさわやかな演技に「久保田紗友さんの『ばーか』がめっちゃ良い」「久保田さんが可愛すぎてリモコン投げてしまいました」「堀さんと宮村くんのオンオフの感じとか表情とか全てがキュート」「2人を見たら最高すぎて土下座しそうになった!」「ホリミヤ見始めたら恋がしたくなってきた!」「もうやばい、心臓もたない! 鈴鹿央士くん、可愛すぎて困るぅ~」といった話題で盛り上がっていた。

次回第2話は2月23日放送。他人には見せない時間の共有者になった2人は距離が縮まり、お互いが好きだと確信……!?

川口春奈演じる真柴くるみと、横浜流星演じる藤野駿がシェアハウスで暮らすというドキドキの展開に“うちキュン”する一方で、回を追うごとに人として輝いていく真柴の姿にも心ときめく『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)。今回は、Instagramのフォロワー数19万人を誇るインフルエンサーでアパレル業界に携わる金山大成さんにお話を伺いつつ、真柴と『着飾る恋』の魅力を紐解いていきたい。

ページトップへ
Twitter Facebook