谷花音、竹財輝之助

竹財輝之助谷花音が、3月20日に放送される『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系、毎週金曜22:00~)の最終話(第10話)に親子役で出演する。

本作は、「ビッグコミック増刊号」(小学館)で現在も連載中の、こやす珠世による同名コミックが原作。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤英明)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う、1話完結形式の医療ヒューマンドラマ。伊藤のほか中谷美紀ムロツヨシ松本穂香片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)、余貴美子らが出演している。

竹財は、通り魔に刺されあおば台病院に搬送されてくる女性の夫役で出演。谷は竹財の娘を演じる。

<最終話(第10話)あらすじ>
通り魔事件が発生し、松本(伊藤)、吉田(谷恭輔)、田中(片寄)、児嶋(松本穂香)、長見(うらじぬの)ら救命救急センターの面々がドクターカーで現場に急行した。心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲)の傍では、娘の尚(谷花音)が必死に母に呼び掛けていた。すると、近くで刃物を持った犯人の男を見た松本は、思わず犯人に駆け寄り揉み合うことに……。あおば台病院では、搬送された犯人と敦子の緊急手術が行われたが、敦子の娘・尚に松本は「なぜ、犯人を助けるのか」と強く責められてしまう……。

一方、松本が父のように慕う憲次(泉谷しげる)が、自宅で倒れ搬送されて来た。ガン治療に前向きに取り組んできた矢先のことだった。すでに、ガンが転移して治験薬が効かなくなっていると担当医から聞いた松本は、意を決して自ら憲次に話をする覚悟を決める。医師とは何か、救うとは何かについて思い悩む松本に、三宅(中谷)や濱田(ムロ)は……。

ページトップへ
Twitter Facebook