俳優の生田斗真が1日、大阪・道頓堀にて行われた主演映画『予告犯』(6月6日全国公開)のイベントに、戸田恵梨香、鈴木亮平らと出席し、エセ関西弁を披露してファン5000人を喜ばせた。

『予告犯』ならぬ「予告やん!」と名打たれたこのイベント。道頓堀の戎橋近くにある道頓堀川(通称:とんぼりリバーウォーク)に、生田らが特別に装飾された船に乗って登場すると、劇中で彼らが被っている“シンブンシ”製のマスクを被った約5000人のファンが出迎えた。

船上で行われたトークイベントでは、主人公・ゲイツを演じる生田が「ホンマありがとう! この作品は自信を持ってお届けできるホンマええ作品やで」とエセ関西弁で挨拶。エリート刑事・吉野絵里香を演じる兵庫出身の戸田は「みんな、恵梨香やで! 帰ってきたで! 今日はホンマありがとう。戎橋は大阪に来ると必ず通る道。その場所でこんなに貴重な経験ができるなんてとても嬉しいし、本当に帰ってきたなという気分です。お客さんとの距離がとても近くて、安心するしワクワクします」と関西のノリ全開でコメント。同じく関西出身の鈴木も「この映画、生田がめっちゃかっこええで! 昔から知ってるこの場所で、イベントできることをすごく楽しみにしていました。大阪の方は日本人というか、大阪人という感じですよね。さっきも道で会った男の子が“やっば! 生田斗真やん! やっば!”と言ってくれて、素直な子だなと思いました(笑)。人の温かみを感じました」と関西弁で喜びを語った。

本作は、2011年から2013年にかけて筒井哲也が「ジャンプ改」にて連載した同名漫画が原作。突如ネット上に降臨し、警察や法律では罰を与えることができない人々の罪を動画で暴露、彼らへの制裁を“予告”通りに実行する謎の男たち、通称“シンブンシ”と、警察庁のエリート捜査官・吉野絵里香がスリリングな頭脳戦を繰り広げていく。

関連ワード

ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)でゆとり世代のモンスター社員を演じてブレークし、ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)、映画『淵に立つ』(2016年)、映画『50回目のファーストキス』な

ページトップへ
Twitter Facebook