菅田将暉が、8月11日に放送された『火曜サプライズ』(日本テレビ系、毎週火曜19:00~)に出演。旧知の仲である山崎賢人との秘話を語った。

菅田は、ウエンツ瑛士がディレクターとなり、ゲストに美味しいグルメを楽しんでもらう「ウエンツカメラマン」のコーナーに登場。アイリッシュパプで待っていた菅田は、先日までイギリスに留学していたウエンツを質問攻め。現地の生活や演技について興味があると言い、自粛期間がなければ、ロンドンへ行く予定だったという。

ウエンツは完全に英語をマスターせずに留学へ行った。その理由として、勉強して行こうと思っていたものの、友人の小栗旬との飲み会が多く「(勉強した)記憶がなくなるくらい飲んでいた」と回顧。それに付随して、『火曜サプライズ』で唯一遅刻したのが、出発前の最後のロケだと告白。小栗、山田孝之藤原竜也ムロツヨシらに、ロケの集合30分前まで飲まされたと明かした。この破天荒な話に、菅田は「令和の話じゃねぇ」と呆気に取られた。

ここでウエンツが、イギリスで有名な脚本家に書いてもらったという舞台の台本を、菅田に見せる一幕も。菅田が演技をする中で「(イギリスと日本では)何を大事にしているのかが違うと思う」と質問すると、ウエンツは、日本とイギリスの文化の違いを交えつつ丁寧に回答。ビールを飲みながら、演技論が白熱する中で、菅田は「見ている人面白いか? ……でも(質問は)やめないぞ!」と笑わせた。

その後、ダーツで対決。ここでは、経験のない菅田が大苦戦。罰ゲームであるモノマネをすることになった。ウエンツからのリクエストで、“横浜アリーナの桑田佳祐”を披露。クセをつけて「いとしのエリー」を歌ったため「怒られないかな?」と心配すると、ウエンツは「怒られると思う。本当にふざけていた」と笑顔で指摘した。

ほか、過去に山崎と共に同番組へゲスト出演したVTRを2人で見ることに。山崎の印象について菅田は「カワイイ」としつつ「初めて会った時、キティちゃんのサンダル履いていた」と振り返った。

VTRでは、担々麺店を訪れ、汗をかきながら食す3人の姿が。自炊の話となると、山崎は、よく菅田の家に泊まりに行っていたことを述懐し「菅田くんの作ったカレーがうまい」と語る。「カレーアボカドチーズ? アボカドカレーチーズ?」とネーミングに悩み、2人を笑わせた。

続けて、菅田は「(山崎が)辛いのと甘いのを両方食べたいって言い出して、仕方なくフライパン2つで作りました」と回顧。当時について山崎は「起きたら作ってくれていた」と言い「寝てたの?」とウエンツを驚かせた。そんな関係に、菅田は自ら「オカン(母親)だよね」と例えていた。

インターネット上では、様々な菅田が見られたことで「ちょっとだけしかビール飲んでないのに鎖骨まで真っ赤でエロ」「汗かきかき麺をすする姿がこんなに綺麗で可愛い男の子っているの?」「綺麗な白肌にじわっと滲む汗と横顔と顔の彫刻感がさあ……すげえなほんとう(美しすぎる)」「菅田くん(オカン)賢人くん(息子)この家族に入れてほし……」といった反応があった。

民放各局が制作した番組を中心に、常時約350コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、7月19日(月)から8月29日(日)に「TVerフェス!SUMMER2021」を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook