明石家さんまと故笑福亭松之助さんの師弟の絆の物語が、12月1日(日)19時から放送される『誰も知らない明石家さんま 第5弾』(日本テレビ系)でドラマ化されることが決定。「さんまが泣いた日」と題し、さんま役を成田凌、松之助師匠役を小日向文世が務め、さらに脚本を又吉直樹が担当する。

次回、1月26日(日)よる10時30分放送のドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系)は、清野菜名と横浜流星ダブル主演。清野は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜は、大学

ページトップへ
Twitter Facebook