内田雄馬内田真礼が、4月スタートのアニメ『MIX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜17:30~)で声優を務めることが分かった。雄馬は梶裕貴が声優を務める立花投馬の兄・立花走一郎、真礼は妹の立花音美を務めるが、実の姉と弟である2人は、劇中でも兄と妹という関係を演じる。

野球・恋愛・家族の絆……日本中が夢中になった、あだち充の不朽の名作『タッチ』。その『タッチ』の主人公・上杉達也が在籍していた明青学園の約30年後を描く同作。親の再婚により血のつながらない兄弟となった投馬と走一郎が、明青学園で甲子園出場を目指す。現在「ゲッサン(月刊少年サンデー)」(小学館)で連載中で、累計発行部数750万部突破の人気コミックスだ。

仲がいいことで有名な雄馬・真礼。この2人がどんな演技を見せてくれるのかに期待が集まる。そんな2人からコメントが到着。以下に、紹介する。

――今回の役が決まった時のお気持ちは?

雄馬:とっても光栄です。自分も身体を鍛えて、任された大役を果たさねばと思っています!

真礼:すごく嬉しいです! やったー! と喜びましたし、ドキドキしました。アニメのアフレコが始まるのが楽しみです!

――ご自身の役柄について。

雄馬:まだ収録前なので、どのように彼と接していけるのか楽しみです!!

真礼:音美は、兄2人をそばで見守る、しっかりした妹。野球が大好きでそこはとてもシンパシーを感じています。音美の感じる青春を一緒に追って行きたいですね。

――兄妹役を演じることになりますが、如何でしょうか?

雄馬:一緒にお芝居をするのが楽しみです!

真礼:不思議な感じです! まだアフレコが始まっていませんが、実際は……役に入ってしまうとそんなこと忘れて没頭してしまう気もします。どんなふうになるか楽しみです。

――『MIX』への思いがありましたら、教えて下さい。

雄馬:登場人物も多い作品なので、どんな会話劇になるのかワクワクしています。台本をいただくのが楽しみです!

真礼:『MIX』で描かれている、時間の熱さや、暑さ。3人の兄弟の関係性も好きです。

――あだち充先生作品への思いなどがありましたら、教えて下さい。

雄馬:『MIX』は今回を機に、初めて触れさせていただきました。作品を楽しんでから収録に臨みたいと思います!

真礼:あだち充先生の作品は、やはり『タッチ』……!! 世界観や、情景の見えるコマのひとつひとつが大好きですし、心にグッときて……。今回、音美役を演じさせて頂けるのは、本当に幸せだなぁと思います。

――これから演じるにあたっての意気込み、ファンへのメッセージ。

雄馬:立花走一郎の声をやらせていただきます、内田雄馬です。『MIX』のアニメ化を楽しみにしているかたもたくさんいらっしゃると思います。自分も魂込めて作品に参加させていただきますので、ぜひ放送を楽しみにしてください!

真礼:『MIX』の世界を色付ける熱いドラマを、キャストの皆さんとどんなふうに彩っていけるか。わたしも全身で、甲子園に向かっていきたいです! よろしくお願いします!

【あらすじ】
舞台は『タッチ』と同じ「明青学園」。『タッチ』の主人公「上杉達也」の伝説から約30年、今、運命の兄弟が物語の扉を開く……。

親の再婚によって、血は繋がらないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花投馬」と「立花走一郎」は、明青学園・中等部の野球部に所属する中学2年生。走一郎は捕手、打者として活躍。投馬は「ある理由」から三塁手を務めているが、人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。走一郎の実妹で、投馬とは血の繋がらない義理の妹
「立花音美」も中学に入学し、2人の周囲はなにやら騒がしい。やがて高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか……。

ページトップへ
Twitter Facebook