三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が主演を務める連続ドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第9話が、6月10日に放送。“超絶ラフ”な格好でホテル改革を進めてきた主人公・宇海直哉(岩田)が、タキシード姿を披露する。

“ホテル界の風雲児”宇海が、負債総額3億円の負債を抱えている破産寸前の“崖っぷちホテル”グランデ・インヴルサで起こす痛快な大逆転劇を描いてきた本作。「キチンとした格好をすると、もどしちゃうんです」と第2話で衝撃の事実を告白し、これまで一貫して白いTシャツにGジャンとトレンチコート、スウェットを白靴下に入れて、ローファーの踵を踏むスタイルだった宇海だが、ドラマもいよいよ終盤を迎えたここで“正装”を披露する。その姿に込められた宇海の思いとは?

第9話では、王女たちの滞在が話題となり、グランデ・インヴルサは一躍時のホテルとなる。テレビの密着取材も組まれ浮かれる時貞(渡辺いっけい)だったが、やってきた番組ディレクターの藤井は、宇海に気づいた途端、目の色を変え「バリストンホテルを追い出された」という悪い噂について宇海から聞き出そうとする。

一方、目前に迫った創立50周年のイベントで、宇海は長年の夢だった花火大会を実現したいと支配人の佐那(戸田恵梨香)に相談する。天候に左右されるリスクはあるものの、佐那はホテルの危機を救ってきた宇海の夢を叶えるためにもスタッフと一丸となり準備を始める。イベント当日の天候は大荒れの予報。雲行きの怪しい密着取材と花火大会、皆で目指す宇海の夢の実現。これまで数々の奇跡を生んできたインヴルサに、この日最大の奇跡が起きる……!

中村倫也が主演を務める日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、4月12日スタート、毎週日曜22:30~)。このほど、かねてから出演が発表されていた青山めぐが“死体”を演じることがわかった。

ページトップへ
Twitter Facebook