4月7日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)は、デジタルアートバトルの大会から中継を行う。

デジタルアートとは、コンピュータを使って「デジタル」に描いたイラストのこと。与えられたテーマをもとに制限時間20分で1つのデジタルアートを制作し、作品に勝敗をつけるこの大会は、世界大会も行われてるほど大きな規模で、優勝賞金はなんと500万円。一攫千金を目指すと同時に、自らの名前を売りたいアーティストたちがプロアマ問わず参加するという。

参加者であるイラストレーターの男性に話を聞くと、普段は有名スイーツショップの壁面などにイラストを描いているそうで、時には1作品で約100万円の儲けがあるといい、マツコは仰天。すぐさまサイトで彼の作品を検索し見ようとするも、並んだ作品名に、マツコは「もう老眼で全然字が読めない」と心が折れた様子。「文字ちっちゃめの方がおしゃれっていう風に聞いたんで、すいません」というイラストレーターを前に、マツコは「あぁ、ちょっと、ちょっと慣れてきた」と必死に目を凝らすが、英語の羅列に「文字が読めたところで意味が分からない」と弱音を吐く。

また、別のイラストレーターが自分のスマホに入っている作品を見せてくれるも、マツコは「なんか……あれ、顔? そういう顔好きなの?」とまたも必至に目を凝らすが「これパンダです」と、一刀両断されてしまう。老眼のせいで人とパンダの見分けがつかない事態に、「あ〜この向きか! 私どうしよう! もう位置関係もわからないのよ!」と苦戦しながらも、アップにしてもらうと「可愛いね!」と気に入った様子を見せた。

この他にも、スマホゲームのモンスターを描いているという昨年の世界チャンピオンが登場。20分で仕上げた作品を見て、マツコは「素晴らしい!」と絶賛する。

街歩きの達人・タモリが“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30~)。6月6日は、「釧路湿原~アンコール~」と題して、タモリが釧路湿原の貴重な大自然が4000年保たれる秘密を解き明かした回(初回放送2019年7月20日)を振り返る。

ページトップへ
Twitter Facebook