読売テレビ・日本テレビ系の4月クールの木曜ドラマFが『ラブリラン』(4月5日スタート、毎週木曜23:59~)に決定。中村アンが連続ドラマで初主演を務めることがわかった。

原作は、女性漫画誌「Kiss」で連載された天沢アキによる同名マンガ。15年思い続けている“ワイルド甘々男子”の鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平との間で揺れ動く主人公・南さやかの恋心を描いていく。

中村演じるさやかは、デザイン会社のデザイナーで、初恋相手の亮介に憧れてこの世界を目指したものの、入社以来デザインの仕事を任された事はなく、いつしか事務のエキスパートに。亮介に15年も片想いしているが、妹的ポジションに安心し、一歩も踏み出せないでいるという役どころ。

自身の役柄について、中村は「南さやか、30歳、男性経験のないこじらせ女子です。15年間も片想いした相手と結ばれることを夢見ているのですが、なかなか一歩を踏み出せない、ピュアで地味なさやかを応援したくなりましたし、共感できるところもありました」と分析しつつコメント。また、「連ドラ初主演、私も南さやかと同じ30歳。私もさやかと同じように日々奮闘し、このドラマにかける想いが非常に強く覚悟を決めて臨みます。地味な見た目のさやかから華やかな見た目に変身するさやかですが、内面は同じままなのでとても難しいですが、変わっていく彼女の姿をしっかり表現できるように頑張ります! 皆さんの心に響く『ラブリラン』を是非、ご覧ください!」と意気込みとともにアピールした。

中村の起用について、中間利彦プロデューサーは「最初、さやかは地味な女性で、記憶喪失になって目覚めると女子力の高いキラキラ女子になっている。変身前、変身後のさやかのギャップもこのドラマの見どころ。中村さんは、若い女性から圧倒的に支持され、元気はつらつな笑顔が素敵なまさに“変身後のさやか”。そんな中村さんが地味な“変身前のさやか”を演じたら、最高のギャップが生まれるに違いない! と思い、出演をお願いしました」と明かしている。

そんなさやかと同じ会社で働く営業マン・町田翔平を演じるのは、期待の若手俳優・古川雄輝。町田は自分の欠点を反省し、一歩進もうと努力するさやかの姿を見て好きになり付き合い始めたが、実はすでに別れを告げていたという役どころ。

古川は「主人公が記憶喪失になることによって三角関係になる、新感覚なラブストーリーになってます。一見無愛想でドSキャラな町田ですが、主人公のさやかに対して優しさも見せるツンデレ! と言った印象です」と自身の役柄を紹介し、「原作の町田のイメージを大切に役作りしたいと思います。皆様に楽しんでいただける作品になるよう、これからの撮影を頑張ります」と意気込んだ。

一方、一線で活躍するデザイナー・鷺沢亮介を演じるのは、甘いマスクで多くの女性ファンに支持される人気俳優の大谷亮平。さやかとは家族ぐるみの付き合いで、妹的存在として大事にしているが、さやかに恋心を抱かれているとは夢にも思っていないというキャラクター。

大谷は「鷺沢はデザイン会社に勤めるヒロインの幼なじみ。 お兄ちゃんのような優しさや温かさを持った男だと思います」と語り、「幼なじみ同士の恋愛関係を演じるのは初めてですが、徐々に揺れ動く想いの中、どの様に進んで行くのか、その心情を大切に演じたいと思います。ヒロインが新たな自分に生まれ変わろうとする姿と新しいスタートを切るまさにこの季節に合った春らしいドラマだと思います。是非お楽しみに!」と視聴者にメッセージを送った。

そして、原作者の天沢は「ドラマ化が決まり、あまりの驚きに夢かもと半信半疑でしたが、素敵なキャストの方々が決まってゆくにつれ現実感が増し、楽しみで仕方ありません。原作にないエピソードやキャラを追加してお話を膨らませてもらえるということで、原作既読の方も新鮮な気持ちで楽しめるのではないかと思います! 私自身も役者さん達がどう演じてくださるか、演出や美術、衣装がどのようになるか、一視聴者としてとてもワクワクしています」とコメントを寄せている。

鶴田真由が、元乃木坂46・深川麻衣が主演するドラマ『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第9話(3月22日放送)に出演することがわかった。鶴田は、第6話でも高橋和也演じる歌手・桜庭龍二の大ファンで追っかけをしていたという森田明美役で登場していて、今回もまた龍二のステージに駆けつける。

ページトップへ
Twitter Facebook