いきものがかり水野良樹がマスターを務める不思議なバーを舞台に、たとえ好きの常連客がひたすらたとえ話に花を咲かせる“たとえトーク番組”の第2弾『たとえBAR』(NHK総合)が、3月30日(土)23時から放送。後藤輝基フットボールアワー)、川島明麒麟)、関根勤壇蜜という常連客に加え、桜井日奈子が参戦する。

第2弾では、思わずマネしたくなるゲーム企画「たとえかるた」を導入。テーブルに並べられた15枚のコースターには、「ドアストッパー」や「袋とじ」などランダムな言葉が書かれており、客はそのコースター使って、マスター水野が出すお題に対し、アドリブでたとえなければならない。

マスターが出したお題は、「デート」と「家族」。「家族とは、どじょうのようなもの」とたとえた後藤は、人生で初めてたとえを聞いたという、父との爆笑エピソードを披露する。

さらに、いまインスタで話題の岩井ジョニ男イワイガワ)が、酔っ払い客として乱入。得意のギャグ連発に、川島らが鋭いたとえツッコミを繰り出す。

「たとえジュークボックス」では、マスターの水野がたとえの歌詞が印象的な名曲を演奏し、その歌詞の意味を客たちが独自の解釈を披露。

今回、aikoのヒットソング「カブトムシ」をピックアップし、なぜ彼女は自分を「カブトムシ」にたとえたのか、壇蜜が女性ならではの視点で読み解いたのち、出演者全員で「カブトムシ」に代わるたとえを自由に提案する。

本業はミュージシャン、気鋭のソングライターでもある水野が出した仰天のたとえとは?

6月7日に放送される『林先生の初耳学』(MBS/TBS系、毎週日曜22:00~)は、世の中でバズっていることや誰も調べていないようなことを体当たりで検証する「初耳トライ」から、2つの検証を実施する。

ページトップへ
Twitter Facebook