青木宣親

東京ヤクルトスワローズ・青木宣親が、1月18日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)に出演。37歳にしてなお、第一線で活躍し続ける秘訣に迫る。また、青木がチームメートとして一緒にプレーし、監督と選手としても戦った、番組MCの古田敦也との秘話も明かす。

古田と高柳愛実がMCを務める同番組は、“部活応援宣言!”をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介していく。

2004年にヤクルトに入団した青木。2005年には、首位打者、最多安打のタイトル獲得とともに新人王、ベストナインを受賞し、2010年には、プロ野球史上初のシーズン200安打を達成するなど球界を代表するスラッガーになった。

2012年に渡米し、ミルウォーキー・ブルワーズやカンザスシティ・ロイヤルズなど、メジャー6年間で7球団に在籍。2017年には、史上7人目となる日米通算2000本安打も達成した。

そして昨年、アメリカ・メジャーリーグから7年ぶりに日本球界、古巣・東京ヤクルトスワローズに復帰。2017年、球団史上ワーストの96敗を喫してリーグ最下位だったチームを、2018年はチームトップの打率.327で2位に躍進させた。

37歳にしてなお、第一線で活躍し続ける青木。彼を支えるものとは一体何なのか? その秘密に迫る。

ジュニアの「怪物」 芸能界において、素晴らしいクレー射撃の腕前を持つヒロミさん・加藤浩次さん。その二人から「怪物」「天才」と称されるのが宮坂七海選手です。 宮坂七海選手 競技歴わずか1年半ながら、史上最速にして最年少でジュニアチャンピオンになった宮坂選手ですが、実は生まれつき耳

ページトップへ
Twitter Facebook