6日に行われた『ジャパン・オープン2018』で非公認ながら176.95点という高得点で、羽生結弦選手を超える今季第3位の記録を出した織田信成が7日、『フィギュアスケートグランプリシリーズ・ファイナル2018』(テレビ朝日系、10月20日より放送)の記者発表会見に出席。現役選手から称賛の言葉を受けた。

羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真、紀平梨花らトップスケーターたちの2020-21シーズンを密着映像や独占インタビューで振り返るオリジナルドキュメンタリー番組『フィギュア激闘録2020-21』が、FODで配信中。#2「羽生結弦 全日本選手権 ドキュメント」では、2020年の全日本フィギュアスケート選手権で5年ぶりの日本一に輝いた羽生の思いに迫った。

ページトップへ
Twitter Facebook