5月18日の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)は、前回に引き続き、全国高校ダンス部選手権など数々の大会で入賞を果たしてきた名門・千葉敬愛高校ダンス部に密着、その完結編が放送される。

千葉敬愛高校は、2014年の東日本大会で優勝して以来、4年連続で入賞を果たしている名門校。今回、通称・春高ダンスといわれる1年生のみが参加する大会で、続入賞記録更新に挑む彼女たちの姿に密着する。

このチームを牽引するのは、1年生リーダーの瀧澤遥香さんをはじめとする3人の生徒。自ら振付を考え、指導も行う。彼女たちが目指すのは「見る者の心を動かすダンス」。しかし、そこにはいくつもの問題が……。

今年の1年生は例年のおよそ半数の14人。少ない人数の中、いろいろと悩みながら何度も考えては試し、修正を繰り返して迎えた本番。1年間の集大成として、わずか2分のダンスに想いを込めて踊った彼女たちの結末は?

また、フィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」では、千葉県立幕張総合高校のワンダーフォーゲル部に高柳が潜入取材。このワンダーフォーゲル部は、登山とスポーツクライミングの2つの競技を行う千葉県屈指の強豪校。スポーツクライミングでは、千葉県高校総体登山大会で男子が2年連続団体優勝しており、女子は団体3連覇を果たしている。

大会でも使用されるボルダリング用の壁や約15mのリード用クライミングウォールなど充実した設備で部員が切磋琢磨しており、前編となる今回は、実戦さながらの練習ができる環境の効果を探りながら、その強さの秘密に迫る。

ゴミ清掃員のあるあるネタで注目されている芸人をご存知だろうか?お笑いコンビ マシンガンズの滝沢秀一さんは、芸人としての苦しい生活を打破するため、ゴミ収集会社に就職。その体験や気づきを綴ったツイッターが話題を呼んでいる。 著書『このゴミは収集できません ~ゴミ清掃員が見たあり得ない光景~』(白夜書房)がベストセラーになると、5月30日に発売された漫画『ゴミ清掃員の日常』(講談社)は発売前から予約が殺到。取材や出演のオファーが相次ぎ、かつての人気を上回るほどの快進撃を続けている。そこで今回は滝沢さん

ページトップへ
Twitter Facebook