2月23日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、毎週金曜)は、20時からの2時間SP。「ダンス×映像マジックSP」と題し、最新AR技術、プロジェクションマッピング、最新犬型ロボット、アンドロイド、最新ワイヤレスカメラを利用した迫力あるワンカット映像などを最新のテクノロジーを駆使した“映像マジック”と出演者たちの迫力あるダンスを掛け合わせたスペシャルパフォーマンスが披露されるが、黒柳徹子のアンドロイド“totto”も登場することがわかった。

この“totto”は、最新の技術によって作られたアンドロイドで、ボディは黒柳を3Dカメラでスキャンし等身大に、さらに表情やしぐさ、癖などまで研究しつくされて作成された。また“totto”は、今回が初めての生放送出演となる。黒柳本人さながらに、無茶ぶりトークをアーティストたちに投げかけるのか!? タモリとの初共演はどんなやりとりが繰り広げられるのか、予測不能な展開に目が離せない。

また、今回のスペシャルだが、の「Find The Answer」では15人のバックダンサーとの見ごたえのあるダンスパフォーマンスを。テレビ初披露曲「白が舞う」では、最新AR技術とのコラボで、スタジオにいながらまるで別場所にいるかのような映像の中でパフォーマンスを繰り広げる。約3年ぶり2回目の登場となる和楽器バンドは、人気のボーカロイドソング「千本桜」とテレビ初披露の最新曲「細雪」のスペシャルメドレー。呼吸を合わせるのが非常に難しいとされる、プロジェクションマッピングのNAKED×いけばな草月流とのコラボだ。桜のデジタルアートを、いけばな草月流のライブパフォーマンスに連動させ、和楽器バンドの演奏に花を添える。

ページトップへ
Twitter Facebook