森三中・黒沢かずこが、2月19日に放送された『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜 23:30~24:30)に出演。「朝ごはんという概念を中1まで知らずに育っちゃった“激レアさん”」として登場したが、インターネット上では“その理由”について反響を呼んでいた。

この番組は、“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”として採集してスタジオに集め、その体験談を紐解いていくバラエティー。研究員は、若林正恭(オードリー)、研究助手は弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が務めている。

今回の“激レアさん”である黒沢は、茨城県の食堂喫茶を営む両親のもとに生まれ、当時は「大人しい子で、小柄な女の子でした」と振り返りながら、まずは小学生の時の朝食を紹介した。両親はコーヒー1杯で、黒沢はスポロン1本(乳酸菌飲料)のみだったようで、「これしか飲んでなかったです。これ1本でいけたのは、果糖ぶどう糖の力。本当にスゴイ!」とスポロンに含まれる成分を絶讃し、「小学生の時は、お昼(給食)と夕食で全然大丈夫でした」。

続けて、両親の1日の行動について「両親がパチンコ屋に凄く行っていたのですが、朝9時から11時30分くらいまで、15時から18時までで、そして21時から23時まで行くので、夕飯は深夜に食べていた時もあります」と明かし、これには若林も「え~。なんなら食堂喫茶だからさ~何かありそうだけどね」と驚いていた。

その後、中学生となり、朝練があるソフトボール部に所属。この時もまだ、朝ごはんの存在を知らず、スポロンのみで過ごしていたという。しかし、ある日、あまりの空腹に耐えかね、友達に「お腹すかない?」と聞いてみたところ、その友達から「朝ごはん食べてきたからお腹空かないよ」という衝撃的な返答をもらい、黒沢は「なんて欲深い人間!」と思ったという。

“朝ごはんを知らない”ということがクラスでも有名になってしまい、母親に「朝ごはんっていうのが食べたい」とお願いすると、「バレた?」とまさかの返答。若林も「これ、怖いですよ、言葉を隠すって……」と。しかし、決して黒沢に愛情を注いでいなかったということではなく、その翌日からは“スポロンとおにぎり1つ”になったようで、黒沢は「初めてお米の力を知った!」と笑顔で語っていた。

現在はこの反動からか1日5食になったと話していたが、黒沢の朝ごはんを知らずに育ったということに関して、ネット上では「それって結構深刻じゃん……な話」「面白かったけどちょっとかわいそう」という声とともに、パチンコ三昧の両親に対しては、「軽い虐待!?」という意見も飛び交っていた。

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~※この日は20:54~)。9月17日は、『マツコの知らない世界SP』として2時間スペシャルが放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook