スタジオの様子

MCの長嶋一茂と進行の西尾由佳理アナウンサーが現代社会の闇に迫り、出演者たちが独自の意見を展開する情報バラエティ『訳あり人の駆け込み寺~明日は我が身~』(カンテレ・フジテレビ系)が、7月2日(火)21時から放送される。現代社会に存在するさまざまな“駆け込み寺”に救いを求めて駆け込んでくる“訳あり人”に密着。訳あり人が抱える問題の真相に迫り、現代社会の闇を掘り下げていく。

スタジオゲストとして、カンニング竹山壇蜜千原せいじゆきぽよ河西邦剛(弁護士)、中野信子(脳科学者)が登場する。

DVやストーカー被害に苦しむ人々の“駆け込み寺”となっている夜逃げ屋に、別れた彼女から長期間ストーカー被害を受けているという男性が訪れる。何度引っ越しても、別れた彼女に居所を突き止められてしまうため、夜逃げをして完全に逃げたいと訴える。夜逃げ当日、男性の電話にその女性から着信が! まさかの事態に緊張が走る。果たして、男性の夜逃げの結末は?

中学生の頃から万引きに走るようになった“訳あり人”は、逮捕、服役を繰り返し、息子からも見放されていた。しかし、4度目の逮捕の際、“窃盗症”と診断されていた彼女は「今度こそ治したい」と、入院を決意。息子に直接謝罪をしてから、社会復帰に向けて踏み出したいと考えた彼女は、2年ぶりに会ってほしいという内容の手紙を息子に送り、約束の場所で待つ。果たして、息子は現れるのか?

ほかにも、経営難に陥った祖母の旅館を再建したいと考える孫娘や、3年間引きこもり生活を送る娘を更生させたいと願う両親が登場する。

収録後の長嶋、西尾アナのコメントが到着。以下に紹介する。

――収録のご感想は?

長嶋:切実な思いに駆られました。環境面、境遇面、その人の性質・性格、周りの人間関係、能力などを含めて、いろんな事情があったにせよいろんな人生があるなと。出演していただいた皆さんの討論の熱はあったと思うし、ご覧いただく方にもそういう熱を感じていただくことができるんじゃないかと思います。世の中はそれほど殺伐としたものでもなくて、トラブルに対して真剣に考えている人がいるし、応援している人たちがいる。人生のトラブルなんて全部が全部解決はしない。でも、みんな起きたトラブルに対して平等に対処する術を何かしら持っていると思う。こういう考えを信じてほしいとまでは言わないけど、そういう観点から見てもいいかと思います。

西尾:取り上げた一つひとつの悩み自体が複雑過ぎて、トラブルの原因が一つだけではなかった。加えて、誰しもがそんなトラブルには巻き込まれたくないのに気付いたらそうなってしまっていたという……そういうのは他人事じゃないと感じました。“何かしらのトラブルが、どういうかたちで自分に降りかかってくるか分からない”というのを改めて考えさせられました。また、「もしそういうことが起こってしまった時に、真剣にトラブルを解決する味方になってくれる人がきっといる」と前向きに思えた気がします。

――視聴者の方にメッセージをお願いします。

西尾:「面白いから見てくださいね」って簡単に言える番組じゃないのでなかなか難しいですけど、“やっぱり救いの手を差し伸べてくれる人はいる”ということを思い出す良いきっかけになるかもしれないですし、自分に置き換えた時にトラブルになった要因をちょっとだけ防げることがあるかもしれないので、そういう意味ではご覧になっていただいて、一緒に社会について考えてもらえたらと思います。

長嶋:昔はコミュニティがセーフティーネットの役割を果たしていたのかもしれないけど、(現代社会では)人間関係が希薄になってコミュニティが崩壊しているところがあったりして、なかなか民間の人が行政機関に相談するというのは距離があって接点もない。でも、その距離感を短くするのがメディアだと俺は思う。今回の事例を見て、「こんなパターンがあるの?」って思うセーフティーネットに属するような行政機関の人たちはいると思う。「何かが起こる前にできることはあるかもしれない」という意識があるだけで全然違うと思う。そういった意識が変わっていくことの一翼を担う番組なんじゃないかな。

ページトップへ
Twitter Facebook