粗品、岡田結実

岡田結実霜降り明星粗品が、6月28日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)にゲスト出演する。

この番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCをくりぃむしちゅーのアリタ哲平こと有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当。全力解説員として、岸博幸齋藤孝五箇公一が出演する。 

『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』の2冠を制した粗品に対して、岡田は「M-1もR-1も見ていないんです」とそっけない。粗品がガッカリしていると、岡田はいきなりひょう変。実は粗品に興味を持っていることが明らかに。

今回は、高齢者に、いかにお金を使ってもらうかを考える景気回復のための特別企画。ある調査によると、60歳以上の世帯平均貯蓄額が2300万円を超えており、シニア世代の経済活動が景気回復の重要なカギを握ると言われている。

高齢者がお金を使わないのは買いたい物の情報が不足しているからではないかということで、高齢者が買いたくなるような便利グッズを紹介するテレビショッピング形式で番組は進行。スタジオに集まったシニア世代の観客に向けて、出演者陣がおすすめの商品をプレゼンしていく。

まずは、アリタがどんな物にも印刷できるプリンターを紹介。アリタは商品の魅力を伝えるが、観客はテレビ収録に慣れていないようで、反応が鈍い。アリタがリラックスさせると、観客に大きな変化が。アリタと観客とのやりとりを見ていた粗品は、一言言わずにはいられなくなる。

続いて、粗品がプレゼンすることに。今年2月に放送された前回出演時、お金の運用法というテーマについて準備万端で臨んだものの、ハプニングが続いて、その仕込みがまったく無駄になってしまった粗品。彼は、今度こそリベンジしようと、やる気十分。すると、スタジオの照明が落ちてしまい、収録が中断する。観客に待ってもらう間、退屈させないように場をつながなくてはならない。アリタから、場をつなぐようにと促されたADが観客の前に立つ。しかし、ADはおどおどして頼りない様子で、スタジオは不穏な空気に包まれる。その空気を一変させる思いがけない出来事が起こる。ハプニングに対応するため、スタジオにいる人間がみんなで力を合わせる展開に。岡田も、意外な才能を披露することに!?

「美食遺産」は、夏本番に備え、健康野菜を使った絶品料理を滝沢カレンが紹介。滝沢独特のナレーションに、粗品のツッコミがさく裂する。

<岡田結実コメント>
――収録はいかがでしたか?

粗品さんとは何度もご一緒しているんですが、面白い方だなと改めて思いました。報道番組ということで、アリタさんと真面目な話をすることには違和感があったというか、新鮮な気持ちになりました(笑)。私自身としては、セリフを言うタイミングを間違えたかな? といった反省点もありつつ、とても楽しかったです。

――この番組からオファーが来た時にどう思いましたか?

私は笑い上戸なので、絶対にダメだと思いました(笑)。今まで、笑うのを封印したことがないし、不安しかなかったです(笑)。本番直前までずっと笑っていて、私にできるかな?と思っていました。本番が終わって今やっと、ホッとしています。

――本番中は、笑わないようにと自分に言い聞かせていたのでしょうか?

そうですね。粗品さんの顔を見ると、どうしても笑ってしまうので、なるべく見ないようにしていました(笑)。それでも何回か笑ってしまったんですけど、私がしゃべったり、何かをする時は笑わないようにと務めました。

――オープニングでは、岡田さんの“ひょう変”がすごかったです(笑)。

あの部分は緊張しました。早く終わりたいと思いながらやっていたんです(笑)。今回の収録に備えて、お風呂に入った時に練習したり、本番前にメイクしながら映像を見たりして、かなり練習しました。終わってみて、もうちょっとうまくできたんじゃないかなと思っています(笑)。

――最後に、今回の見どころを聞かせていただけますか?

収録中、粗品さんがすごく汗をかかれていたのが印象的で、粗品さんの全力を楽しみにしていただきたいです。あと、笑わないように頑張っていた私のツボに入るような、すごく面白いことが起こるので、そこも楽しんでいただけたらと思います。

12月5日(木) 日本テレビ系で放送の「THE 突破ファイル」では、コンクリートの製造工場でサイロに巻き込まれた作業員の突破劇を再現ドラマで紹介。作業員を加藤諒と白木サキが、突破署のレスキュー隊員を、小島よしお、アルコ&ピースの平子祐希、ジャングルポケット太田

ページトップへ
Twitter Facebook