窪田正孝が主演する月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第6話が、5月13日に放送される。

同ドラマは、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

本田翼が唯織の幼なじみで放射線外科医の甘春杏を演じるほか、広瀬アリスが新人放射線技師の広瀬裕乃を、劇団EXILE鈴木伸之がイケメン整形外科医・辻村駿太郎を演じる。また、遠藤憲一山口紗弥加浅野和之和久井映見浜野謙太丸山智己矢野聖人らが脇を固める。

<第6話あらすじ>
唯織(窪田)は、杏(本田)と辻村(鈴木)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤)や、たまき(山口)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓(ひぞう)の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR(画像下治療)による止血を提案する。裕乃(広瀬)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

テレビ東京では、3月5日(金)深夜1時53分より、キャストがほぼ"声優"のみで繰り広げられるコメディーミステリードラマ「声優探偵」を4週連続で放送することが決定しました(最終話のみ深夜2時8分より放送)。普段は声のみで演じる声優が、全身を使った演技でも視聴者を魅了する挑戦的なドラマです。左上から:小野友樹、増田俊樹左下から:金田朋子、浪川大輔ある事件をきっかけに声優を引退し探偵となった不零オサム(沢城千春)が、自身の持つ特殊能力、絶対音感ならぬ"絶対声感"を武器に事件の真相に迫り、被害者最後の声

ページトップへ
Twitter Facebook