中島健人Sexy Zone)と土屋太鳳が出演する、東山紀之主演のフジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』(3月28日19:57~)。このほど、中島演じる天才作曲家・和賀英良と土屋演じる“愛人”でバーテンダー・成瀬梨絵子のラブシーンの写真が公開。河毛俊作監督から、その演出の裏側についてコメントが届いた。

1974年の映画化以降、映像化のたびに日本中の話題をさらってきた松本清張不朽の名作を、清張生誕110年でもある2019年、現代を舞台に全く新しい解釈でドラマ化する今作。2018年、ハロウィーン当日の渋谷で、撲殺死体が発見され、捜査一課の刑事・今西栄太郎(東山)は独自捜査に乗り出す。手がかりは被害者の東北訛りと、“カメダ”という言葉で、それらを追跡していくと新たな謎が浮上する。犯人でもある天才作曲家の和賀英良は、周到かつ完璧な殺害後、協奏曲「宿命」の作曲に没頭していた。和賀は大物大臣の令嬢と婚約しているが、心は梨絵子の元に……殺人を犯した直後、梨絵子のアパートに身を寄せる。和賀が自身を頼ってくれたことに喜びを感じるも、和賀が脱ぎ捨てた血のついたシャツを見つけ……。

土屋がクランクインした日は、中島演じる英良が人を殺めたあと梨絵子の自宅マンションに駆け込むというシーンを撮影。英良には婚約者がいて、決して自分とは結ばれない関係だと理解を示す梨絵子だが、彼が自分を頼ってマンションに来てくれたことに喜びを感じている。ただことではない状況を察した梨絵子は彼をやさしく包みつつも、2人は静かにたたずんでいる……。

河毛は2人の愛のシーンについて、中島と土屋に独特の表現でイメージを伝えていたと言い、「一般的なラブラブな物語ではない、虚脱した状態、ぎりぎりの愛。70年代のフランス映画のイメージだと伝えました。今作において、恋愛というのは幸せになるためのものではない、自分を失い転げ落ちていくもの……そういうイメージでやってください、と。2人は、感じ取る力があり本当によくやってくれたと思っています」と絶賛した。

英良を演じる中島については、「英良を演じる中島さんの表情は、エゴイスティックな中にもしっかりと切なさがあふれていて、重層的。『太陽がいっぱい』(1960年フランスとイタリアの合作映画)のアラン・ドロン的な魅力があふれていました。梨絵子とのベッドシーンも美しかったし、別れのシーンも特に良かったと思います」と評価した。

梨絵子を演じる土屋については、「梨絵子は天使でもあり悪魔でもあり、普通の恋愛ドラマとは違う難しい役だと思います。衣装合わせのときに梨絵子はコートにロールアップしたデニムを合わせるなどある意味ストイックな女性で“ジェーン・バーキンがイメージ”と土屋さんに伝えたのです。すると、土屋さんから“私もジェーン・バーキンが好きです”と言われ、すぐに飲み込んでくれたのが良かったです」と語った。

河毛が演出した2人のシーンは、今作の軸となる殺人事件の行方に大きな影響を与える。実は70年代のフランス映画がイメージというその虚脱感や複雑に絡み合う愛の形とは?

ページトップへ
Twitter Facebook