中島健人Sexy Zone)がこのほど、3月28日(木)19時57分から放送の東山紀之が主演を務めるフジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』にクランクイン。初日は血まみれのシャツに黒いマント姿で街を疾走するシーンを撮影した。

1974年の映画化以降、映像化のたびに日本中の話題をさらってきた松本清張不朽の名作を、清張生誕110年でもある2019年、現代を舞台に全く新しい解釈でドラマ化する今作。2018年、ハロウィーン当日の渋谷で、撲殺死体が発見され、捜査一課の刑事・今西栄太郎(東山)は独自捜査に乗り出す。手がかりは被害者の東北訛りと、“カメダ”という言葉で、それらを追跡していくと新たな謎が浮上する。犯人でもある天才作曲家の和賀英良(中島)は、周到かつ完璧な殺害後、協奏曲「宿命」の作曲に没頭していた。華やかな世界に約束された未来がある和賀の運命の歯車は確実に狂い出し、秘められた過去の秘密、父・本浦千代吉(柄本明)との関係が暴かれそうになり……。

主演の東山演じる鋭い観察眼を持つベテラン刑事と、中島演じる父との“宿命”を背負う天才作曲家の攻防、そしてその作曲家が幼い頃に生き別れた柄本演じる父との複雑でせつない“絆”を軸に描かれていく。

中島が今回撮影したシーンは、まさにドラマの冒頭に出てくるもので、彼が人をあやめた直後を描いている。2018年ハロウィーン当日、東京・渋谷で血まみれのシャツに黒いマント姿で、仮装を楽しむ人たちであふれる街を駆け抜けるというものだった。撮影は、寒空の中、車両通行止めにしたとある街の一角を使って行われた。仮装した多くのキャストがスタンバイする現場はまるで2018年の渋谷そのもの。

そんな中中島はスタッフに拍手で迎えられると、笑みを見せ「よろしくお願いいたします」と丁寧にあいさつ。しかし、すぐに表情は一変し“和賀英良”に。一見ハロウィーンの仮装軍団にまみれているように見えるマント姿の男だが、その逃げ方は鬼気迫るものがあり、セリフこそないが中島の作品へ向けられた熱い思いが爆発した瞬間だった。今回、走るシーンをさまざまな角度で撮影したが、「カット」がかかるたび中島は、丁寧にモニターチェックしていた。

撮影終了後、クランクインの感想や和賀を演じるにあたってのコメントが到着。以下に、紹介する。

<中島健人 コメント>
――クランクインの感想は?

“ただ走っているシーン”なのでは、と思うかもしれませんが、今日こそが大事なんです。和賀英良が一番自分の体に入り込む瞬間を捉えるのは、初日にしかできない、と思っているので。人を殺害した直後で疾走するというのは、普通の走りとは違い“逃げる”という意味の走りで、自分も色々な役を演じてきましたが初めての感覚だったので、スリル感のある、ひりひりとしたクランクインとなりました。

――監督からどんな話が?

監督は「『砂の器』は耽美で繊細な側面を兼ね備えた作品だ」とおっしゃっていたので、すべてにおいて繊細に取り組んでいきたいと思いますし、一分一秒でも逃したらいけない感覚がこの作品にはちりばめられているので、どの表情も見逃してはならないという気持ちで和賀を演じていきたいな、と。監督のお言葉を聞いて改めて感じました。

――こまめにカットをモニターでチェックしていましたが?

ファーストカットが、初めて自分の中に和賀の魂が宿った瞬間なので、チェックしなくてはいけないと思っています。僕は関わる作品については、チェックはマストだと思っていますが、改めて和賀という役は繊細なので、細かくどういう表情をしていくべきか監督と話しながら毎回、丁寧に確認していきたいと思います。

――白いシャツにマントという衣装について

これは、歴代の『砂の器』を映像化した作品のなかでも現代の感覚を取り入れた2019年バージョンと言えます。ハロウィーンの渋谷を疾走していく和賀のシーンは過去の『砂の器』にはないので、新鮮味もあると思います。映画の和賀の装いは白いタートルネックでしたが、今回は白いワイシャツ。白というところが共通しています。(血をつけて走るというシーンについて)作品的にも真っ白なものほど汚したくなるものなのでしょうか……。『砂の器』ファンの方にも、新しい和賀を楽しんでいただけるように尽くしたいと思います。

古川雄大が主演を務めるサタドラ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)の第5話が、7月31日に放送。女性陣の告白と予想のつかない展開に、ネット上では「驚いた」「結末が分からない」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook