織田裕二が主演する『SUITS/スーツ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00 ※初回30分拡大)が、10月8日よりスタート。この度、織田と鈴木保奈美のシーンカットが公開された。2人の共演は、『東京ラブストーリー』(1991年・フジテレビ系)以来27年ぶりということもあり、注目が集まっている。

本作は初回視聴者数が460万人超を記録した全米大ヒットドラマ『SUITS』のシーズン1を原作としたもので、アメリカのドラマを原作にするのは、月9ドラマでは初の試み。今回、織田が演じるのは、優秀で頭もキレる反面、かなり傲慢な性格で、勝利のためなら違法ギリギリの行為もいとわないエリート弁護士の甲斐正午という人物。そして織田とバディを組むのは、初共演の中島裕翔Hey!Say!JUMP)。中島は、明晰な頭脳と一度見たものを忘れない驚異的な完全記憶能力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしのフリーター生活を送る鈴木大貴という青年を演じる。

鈴木は、同局にて『東京ラブストーリー』の再放送が始まった9月14日に、湾岸スタジオでのセット撮影でクランクイン。織田と鈴木は、8月に台本の読み合わせや立ち稽古で27年ぶりの再会を果たしているが、共演シーンの撮影はこの日が初となった。この時、2人の共演シーンは1シーンのみで、第1話で織田が演じる甲斐が、ある争いごとを有利に運ぶために取った行き過ぎた行動を、甲斐の上司である鈴木演じる幸村チカがたしなめるというシーンが撮影された。

リハーサルで、お互いの演技プランを披露し合いながら、回数を重ねるごとにお芝居の精度を高め合っていく2人。織田が鈴木のことを「『東京ラブストーリー』の頃もそうでしたけど、打てば響いて下さる方」と評したように、27年ぶりの共演とは思えない“あうんの呼吸”を見せた。恋人役を演じた27年前の『東京ラブストーリー』を経て、『SUITS/スーツ』では大手弁護士事務所の上司と部下という関係性で再び共演する織田と鈴木の芝居合戦に注目が集まる。

こうして無事撮影を終えた鈴木だが、「セットの撮影中に、控室のテレビでビフォー(東京ラブストーリー)アフター(SUITS/スーツ)を、リモコンのボタン一つで切り替えられるなんてひどいですよね(笑)。個人的に、自分自身の過去の作品を見返すことはないので、こんな仕打ちを受けるなんてとショックです。よりによって、クランクインの日が『東京ラブストーリー』再放送の初回とかぶるなんて(笑)。今日がクランクインということで、実は朝の4時に起きてしまうくらい緊張していたのに、本当にひどい仕打ちです(笑)」と、茶目っ気たっぷりに明かした。

2人の共演を心待ちにしていたドラマファンに向けて、織田は、「これまで撮影してきて、何か新しいことが始まるんじゃないかなというドキドキ感やワクワク感を持っています。撮影中に手応えを感じる時もあれば、逆に“これでいいんだろうか?”と悩むことも正直ありますけど、キャストやスタッフの皆さんがチーム一丸となってまとまっているので、個人的にも早く完成版を見たいと思える作品です。皆さんも是非お楽しみに!」とアピール。鈴木は「はっきり言ってまだまだ手探りですが、この“手探り”がきっといい方向にいくと思いますし、いい方向にしようという熱量は私だけではなく、キャスト・スタッフ全員が持っているので、是非ご期待頂けたらと思います」と、メッセージを送った。

ドラマBiz『ハル ~総合商社の女~』(テレビ東京系、10月21日スタート、毎週月曜22:00~)の記者発表会が16日、都内で行われ、主演の中谷美紀ほか、共演者の藤木直人、白洲迅、奥田瑛二が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook