高嶺華(泉里香)

泉里香が主演を務める真夜中ドラマ『高嶺のハナさん』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)。6月5日放送の第9話では、泉演じる高嶺華と小越勇輝演じる弱木強の関係がついに大きく動き、インターネット上では「華頑張ったなぁ」「こちら側も嬉しい」と歓喜の声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、ムラタコウジの同名人気コミックを原作にしたすれ違いラブコメディ。バリキャリOLの華と、年下のダメ社員・弱木のちぐはぐな恋模様が描かれる。

弱木強(小越勇輝)、高嶺華(泉里香)
弱木強(小越勇輝)、高嶺華(泉里香)

いよいよ企画締切が迫る「クールジャパンお菓子プロジェクト“COP”」。華は弱木が出す稚拙な案に頭を抱えるものの、「二人きりで弱木きゅんのダメダメな企画を堪能できるなんて天国すぎ……!」と至福の表情。持って帰って再検討しようとする弱木を華は呼び止め、その場で一緒に考えるよう命じる。「これってパワハラかな?」と一瞬思いとどまる華だったが、「ここの方が集中してできそうなので」という弱木の言葉に「天国!」と舞い上がる。

更田元気(猪塚健太)
更田元気(猪塚健太)

一方、そんな二人のことが更田元気(猪塚健太)は気にくわず、弱木にフラられた天井苺(香音)は、ヤケ酒がたたってオフィスでもフラフラ。更田が苦々しげにつぶやく「弱木」の言葉に反応し、盛大にえづいては周りの社員をあわてさせる。「まさかお前が高嶺を独り占めとはな……」と、弱木に毒づく更田。弱木を外して自分をプロジェクトメンバーにするよう華に迫るが、華は「弱木くんと二人でやりたい」と突き放す。

天井苺(香音)
天井苺(香音)

その後、打ち合わせ中にお腹が鳴った弱木に華がチョコレートを分けたことがきっかけとなり、「おすそ分けして食べられるお菓子」というアイデアが誕生。超特急で試作品づくりに取り掛かり、プレゼンテーションのリハーサルまで一気に仕上げる。「やったあ!」と完成を喜び、翌日のプレゼンテーションに向けて意気揚々と帰っていく弱木。しかしそれを華は、どこか寂しそうな顔で見つめるのだった。

「楽しかったなぁ。32年の人生のなかで、いちばん楽しかったかも」と、弱木との日々を振り返る華。「これでおしまいなんだ、二人だけの時間も……」とつぶやいた瞬間、華にスイッチが入る。顔を上げ、走り出す華。帰り道を歩く弱木の腕をつかみ、「弱木くんのことが、好き。大好き」と告白する。あっけにとられた表情の弱木を見て華は腕を離すが、それを弱木がふたたび強く握りしめ、二人は見つめ合う。

「僕も高嶺さんのことが、大好きです」と弱木。華の目からは、一筋の涙がこぼれおちる。「高嶺さん、大丈夫ですか?」とハンカチを探す弱木に華は「もう一回言って……」と涙を流しながら告げ、弱木は華を「大好きです」と抱きしめる。「もう一回言って……」と華。弱木は華をさらに抱きしめ、何度も「大好きです」と告げるのだった。

弱木強(小越勇輝)は高嶺華(泉里香)を抱きしめて…
弱木強(小越勇輝)は高嶺華(泉里香)を抱きしめて…

ついにお互いの気持ちを伝えあった、華と弱木。ネット上では「やっと二人の距離が縮まってきた」「嬉しい」「華頑張ったなぁ」「毎回完璧なところに主題歌はめてくる作成陣の本気度に感謝」と、歓喜のコメントが相次いだ。

次回第10話は、6月13日に放送。いよいよ二人は、COPの役員プレゼンへ。その一方で、弱木は華に、ある“覚悟”を伝える。さらにその裏では更田と苺が、華と弱木の気を引こうと“暗躍”して……。

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第6話が、9月13日に放送された。 麻衣子(門脇)はとうとうベランダで互いの間を隔てていた壁を乗り越え、二葉(森山)のもとに行く。しかし、突然、帰りが遅いはずだった二葉の妻・聖(西田尚美)が帰って来て・・・。聖になじられた麻衣子は言う。「...

ページトップへ
Twitter Facebook