家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~)が、6月15日に放送。いじめられた過去を持つモノマネ芸人が登場した。

終電を逃した人にタクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」と頼み、その人の自宅について行く“完全素人ガチバラティ”。MCは、矢作兼おぎやはぎ)とビビる大木で、ゲストのロンドンブーツ1号2号田村淳らと共にVTRを見守った。

2015年、東京・立川駅で声をかけたのは、淳(haderu)率いるバンド・jealkbのライブへ行ってきたというまちゅ(21)。モノマネ芸人をしており、女優の卵とルームシェアをしているという。彼女がjealkbのバンドTシャツを着ていたり、淳とのツーショットをスタッフに見せたりしたこともあってか、VTRを見ていた淳は「背中に汗かいてきた」と戸惑った。

「jealkbがあるからいま私がいる」とまちゅ。小学校から高校生までいじめられており、濃い眉のことをからかわれたり、無視をされたりし、とうとう内気になってしまったと語る。中3のとき、jealkbが歌う「花」(作詞:haderu)という曲に出会ったそうで、当時の心境とリンク。スマホから実際に歌を流すと「泣きそうになります」と目を潤ませた。淳が「久々にjealkbがメディアに乗っているよ」と照れると、矢作は「でもさ、“まぁまぁ”いい歌だよね」とコメントし、笑いを誘った。

成人式では、彼女をいじめてきた主犯格たちからモノマネを強要されたことも。十八番だった中川翔子のモノマネをすると大絶賛。そこで、ある男子から「コイツはこれ(モノマネ)でメシを食おうとしている。俺は1万円払う」と言われたそう。じつは、それが芸をして、初めてお金をもらった瞬間だった。まちゅは当時を振り返り「悲しい話がこんなに楽しい話になるんだなと思いました」と話した。

現在のまちゅにもリモートで取材を実施。芸歴も7年目となっており、アニメ『タッチ』の浅倉南、橋本環奈などのモノマネで『水曜日のダウンタウン』(TBS系)や『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)など多くの番組に出演。5年前は収入がなかったものの、現在は月に20万円ほど稼いでいるという。

ここで、VTRを淳が見ていることを伝えると、恥ずかしがりながら「淳さんのおかげで芸能界を目指そうと思ったので、いつも勝手に支えられています」と目を潤ませ、売れることが淳への恩返しであり、共演できるように頑張ると意気込んだ。そんな彼女のコメントに淳も「嬉しいねぇ」とはにかんでいた。

脳科学者・中野信子が、1月16日に放送された『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系、毎週土曜24:05~※一部地域を除く)に出演。講談師・神田伯山と滝沢カレンの悩みを解決するという企画が行われ、的確な分析とアドバイスを披露した。

ページトップへ
Twitter Facebook