元セクシー女優の小澤マリアが、1月23日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)にゲスト出演。国内で100本以上の作品に出演した彼女が、海外でブレイクするに至った過程を明かした。

2005年、18歳でセクシー女優デビューを果たした小澤。カナダ人の父と日本人の母をもち、そのエキゾチックな美貌を生かして一気にブレイクへと至った。そもそもデビューしたのは、憧れからだったという。キャバクラで働いている際、客からセクシー業界の話を聞き憧れを抱いたのだとか。人前で裸になることに抵抗はなかったのか聞かれると、有名にもなりたいという思いから「やるんだったらとことんやってしまえ」と考えたとのこと。その後、両親には内緒でデビュー。しかし、デビューして半年でバレてしまった。雑誌に出た時に親戚からの密告を通して父が知ることとなり、親からも「恥ずかしいから縁を切る」と言われたものの、6年ほど前に和解したという。

当時のギャラは1本で100万円以上。仕事で海外に行くことが増え、まずは中国で人気に火がついた。中国政府はアダルト産業を厳しく規制しているが、違法動画でセクシービデオを見ていた人が多かったため、彼女はすでに有名人だったという。最初はクラブイベントから始まり、それが握手会になり、台湾で映画撮影したりなど、いろいろな仕事へと繋がった。クラブイベントの営業ギャラは80~100万円程度。その後ギャラはMAX300~400万円までアップした。そんな中、イベント終了後の食事会でVIP席にいた自称インドネシアのプリンスから「今晩どう? 彼女になって」と500万円積まれたこともあったと明かした。

現在はセクシー業界を引退し、日本ではなくフィリピンに住んでいるという。現地のラジオ番組にゲストに出演したところ、それがきっかけでホテルのオーナーから連絡が。名前も売れていることもあって、ラウンジを経営することに。現在、3店舗経営しており、自身も毎日店に立っているという。

食うこと、すなわち生きること。食の現場にすべてが凝縮されている...。テレビ東京では4月1日(水)深夜0時12分より、"ヤバい奴らのヤバい飯を通してヤバい世界のリアルを見る"をテーマにした異色のグルメ番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」を放送。リベリアの元人食い少年兵や殺し合いを繰り返すアメリカの極悪ギャング、ケニアのゴミ山で肺を病みながら暮らす青年など、これまでメディアがあまり立ち入らないような世界中のディープなエリアに潜入し、そこで暮らす人々の"飯"を徹底取材してきた本番組。お笑い芸

ページトップへ
Twitter Facebook