左から、名取裕子、寺島進、麻生祐未

名取裕子麻生祐未がタッグを組むドラマ『特命刑事カクホの女2』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の最終話となる第7話(12月6日放送)に、寺島進が『駐在刑事』シリーズの主人公・江波敦史役でゲスト出演する。

2018年1月クールに放送されて好評を博した『特命刑事カクホの女』が第2シーズンに突入。警視庁入庁以来、人事一筋で捜査は素人だがその洞察力で事件を紐解く警察官・北条百合子(名取)と、ノンキャリアではあるが県警一の捜査実績を残している現場叩き上げのクールな刑事・三浦亜矢(麻生)の活躍を描く。今作では、主演を務める名取や麻生の他に、新レギュラーキャストとして、加藤雅也大東駿介長谷川初範正名僕蔵小野塚勇人劇団EXILE)ら豪華メンバーが出演している。

そして、最終話には、2020年1月24日からスタートする『駐在刑事Season2』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)で主演を務める寺島も出演。両作は、同じ“金曜8時のドラマ枠”であり、『特命刑事カクホの女2』から『駐在刑事Season2』へバトンが渡る形となる。

奥多摩の駐在刑事・江波が、百合子や亜矢をはじめとした『カクホの女』のメンバーとどう絡むのか。最終回の舞台となる横浜・中華街でどんなシーンが繰り広げられるのかに注目したい。

寺島は、「『駐在刑事』は、奥多摩の自然の中での撮影が多いので、久しぶりに街中で、しかも観光地で撮影して人の多さにビックリしましたし、改めて街中の撮影は大変だなと感じました。そんな街中の現場でも『カクホの女2』の皆さんのチームワークがとても良く、楽しく撮影に臨ませて頂きました」と今回の撮影に言及。そして、「同時に、いつも『駐在刑事』でお世話になっている奥多摩の自然と住民の皆様を改めて恋しく思いました」と心境を語った。

また、名取や麻生についてもコメント。「名取裕子さんは本当に尊敬している女優さんなので、毎回作品でご一緒する度に、いつも光栄だと感じています。今回は憧れの麻生祐未さんともご一緒できて嬉しかったです」と、2人との共演を喜んだ。

2021年1月7日にスタートする大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、恐妻家に怯える主人公がタイムスリップという奇跡がきっかけで妻を入れ替えたことにより“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大SP)に、末澤誠也(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)、佐野ひなこ、安藤ニコの出演が決定。さらに、末澤が主演を務めるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』がFODで独占配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook