乃木坂46深川麻衣が主演するドラマ『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第11話「静岡県下田市 昭吉の湯」が4月5日に放送される。深川は、高橋和也演じる歌手・桜庭龍二と営業の旅をしているが、ある日、出演料と言って営業先で渡された物は……。

本作は、父・篠宮一平(平田満)の急死により、芸能事務所の社長を引き継いだ春子(深川)が、唯一の所属する一発屋のポップス歌手・龍二(高橋)と共に、日本全国に実在する本物のボロ宿を巡るロードムービー的ドラマ。ドラマに出てくる“古い宿”が持つ独特の個性や風情も見どころの一つだ。

<第11話あらすじ>
ある日、営業先に到着した2人は、建物や周りの異様な雰囲気に圧倒される。春子は仕事を選んでいる場合じゃないと、龍二に歌を歌わせるが、出演料と言って渡された物は……。そして2人は古い民家のような“ボロ宿”にたどり着く。その宿は山奥にあるため怪しい人が訪れる事もあるらしく……。

次回 2月28日(日)よる10時30分 第7話が放送の日本テレビ系「君と世界が終わる日に」。本日、竹内涼真、笠松将、キム・ジェヒョン、浅香航大ら男性陣を中心にこれまでの戦闘シーンや胸が締め付けられるような切ないシーンをまとめた「守ってあげたい男子動画」を公開。

ページトップへ
Twitter Facebook