タレントのビートたけしが、10月4日に生放送された『おはよう、たけしで すいません。』(テレビ東京系列、7:30~8:00)を急きょ欠席。最初から最後まで現れることはなかった。

北野武監督最新作『アウトレイジ 最終章』(10月7日)の公開を記念して、10月2日から6日までの期間限定で帯放送されている同番組。たけしがニュースデスクとなり、“その日のニュースのラインナップを決める会議”を開催。主旨は「たけしが今、何に興味を持ち、それについてどう思っているのかをとにかくしゃべってもらう」こと。デスクの上に雑多に並べられた一般紙とスポーツ紙から、たけしが気になるニュースを選び、トークを展開していく。

冒頭、誰も座っていない椅子が画面に映ったと思えば、ゲストの水道橋博士と太田光が「本当に、色々な意味で申し訳ありません」と謝罪。たけしが局に現れず、スタッフが大騒ぎしていたようで、2人は「(付き人の)ゾマホンがいない時点で、来ないなと思いました」と、薄々感づいていた様子。

そこで2人は、たけしの運転手である石塚氏に電話。水道橋博士が「(たけしは)今どうしてるの?」と聞くと、石塚氏は「自宅にいると思います。起きているかはわかりません。テレビは見ていると思います」と、ほぼ推測の答えが。また、太田が「家入って叩き起こしてこっちに連れて来てくださいよ」とお願いすると、石塚氏は「僕の権限では……(できない) 僕は迎えに行くだけ」と拒否。「今日は本当に来ないのね?」と最終確認すると、なぜかこの時だけは「はい、今日は休みです」と断言。続けて「なんか“この2日間の苦情に耐えられない”と……」と欠席の理由を説明すると、太田は「今日どんだけ苦情くると思ってんだ!」と突っ込んだ。

結局、この日の放送は2人で進行することとなったが、実はこの2人は“犬猿の仲”。水道橋博士は「君となんかやってられない」と挑発し、太田も「俺だって不愉快極まりない」と言い返し、険悪なムードになる場面もあったが、無事に30分乗り切った。

放送はあと2日残っているが、果たしてたけしは来るのか? 注目が集まる。

ページトップへ
Twitter Facebook